MAZDA ROADSTER RF
 軽量コンパクトならではの軽快な走りあじを最大の武器とするロードスターに、電動格納式のハードトップが加わった。

MAZDA ROADSTER RF
 それを聞いて、僕は少々混乱した。爽快なオープンドライブを堪能するにはロードスターで十分ではないか。軽量化の障害となるリトラクタブルハードトップによって、ロードスター本来の魅力が薄れてしまうのではないかと危惧する気持ちと、耐候性に優れたハードトップも歓迎すべきものだとの思いが交錯したのである。

MAZDA ROADSTER RF
 だがしかし、「RF」と名付けられたロードスターはむしろ、ロードスターの魅力を高めることに成功したと思える。乗って走らせて、数メートルしてすぐに、これこそが僕が期待していたロードスターの走行フィールだと思えたのだ。

Related Gallery:ROADSTER RF

 まず、走りの魅力を報告する前に、最大のウリであるリトラクタブルハードトップに関して報告しよう。

MAZDA ROADSTER RF MAZDA ROADSTER RF
 電動リトラクタブルは、コクピットにスイッチひとつで開閉可能だ。ロック用の手動ヒンジはない。ただただスイッチを押し続けていれば、カラクリルーフは13秒で開き、13秒で閉じる。

MAZDA ROADSTER RF
 まず、リアトランクが一旦開き、ルーフと分割されたリアガラスがシートバックに収まり、それに蓋をするようにルーフが重なりトランクが覆いかぶさる。閉じるときはその逆の動作となる。


 その開閉は、時速10km/mまでならば作動するという。ふと思い立った瞬間にオープンエアモータリングが気軽に手に入るのだ。

MAZDA ROADSTER RF
 とはいうものの、開放感はもちろんベースのロードスターが優る。RFのハードトップは開いたとしてもリアセクションの残る、いわばタルガトップだからだ。頭上を見上げれば星空や太陽を仰ぎ見ることができるのだが、視界のどこかにリアの存在を意識しているわけで、爽快なオープンエアモータリングを楽しむにはロードスターにはかなわない。

MAZDA ROADSTER RF
 ただし、走りの質感はこちらが圧倒的に優っている。搭載するエンジンは、1.5リッターから2リッターのスカイアクティブにスープアップされている。直列4気筒DOHC16バルブ。最高出力158ps/6000rpm、最大トルク200Nm/4600rpmを絞り出す。

MAZDA ROADSTER RF
 標準のロードスターが搭載する1.5リッターは、最高出力が131ps/7000rpm、最大トルク150Nm/4800rpm。車両重量はそれぞれ1.1トンと1トン。約100kgも違うが、それをパワーが補って余りある。ピークパワーの発生回転は1000rpmの違いがある。だがそれはスペック上の話。数値ほど高回転の爽快感が見劣りすることはないし、そもそもトルク感が圧倒していたのである。


 ボディ剛性にも決定的な違いがある。ルーフという剛性支持部材があることだけが、走りのフィーリングに貢献しているのばかりだと錯覚していたら、実はフロアトンネルにも、左右を強固に繋ぐメンバーが追加されているという。どうりで走りの質が違うわけである。


 さらにはリアホイールハウスにも制振材パネルが貼られているほか、遮音材も贅沢に追加している。質感の高さはそれも貢献していることは体感できた。装着タイヤも205/45R17だ。16インチのロードスターよりもタイヤ剛性にも余裕が感じられたのだ。


 兎にも角にも、ロードスターがRFとなったことで車格感がひと段階上がったように感じるのだ。例のヒラヒラと舞うような走り味は影を潜めた。それはそれでロードスターの魅力には違いないのだが、そのヒラヒラ感は、時には頼りないロール感として意識することもあったし、強い気持ちで攻め込むのを躊躇することもあった。だがRFは、そのあたりのヒラヒラ感が薄れ、どっしりと地に足がつくようになったのである。


 ルーフに不快な重量感を意識することもなかった。
 圧倒的な開放感が欲しければ、迷うことなく標準のロードスターを選択すればいい。だが、余裕ある動力性能と洗練された走りを望むならRFはアリだと思う。僕はその走り味がとても気に入った。

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp