VOLVO Polestar
●同じ野獣は野獣でも、北欧風なだけに愛が...(笑)
 
 実家が先祖代々の造り酒屋とか庄屋とか名家だったりすると、その息子もどっか鷹揚だったり、お人好しムード漂わせてたりしますけど、ヒトもクルマもやっぱ氏素性であり、育ちが出ちゃうもんですなぁ。ボルボ V60 & S60 ポールスター! 直訳すると「走る激速北極星!!」ってな感じですか。


 今回小沢が乗ったのは、主にワゴンのV60ですけど、簡単に言うとコイツはメルセデス・ベンツの「AMG」でありBMWの「Mシリーズ」、あるいはアウディ「Sモデル」のボルボバージョン。ナイスな性能とお値段でお金持ちをビンビンにくすぐるハイパフォーマンスバージョンで、ある意味、ブランド内選りすぐりブランドですな。
 安いものばっか売ってる日本ブランドには逆立ちになっても思いつかない商品群で、メルセデスなんかはボディが基本同じでもエンジンが直4ターボからV8ツインターボになっただけで時にお値段2.3倍! 具体的には2リッター直4ターボのC200アバンギャルドが545万円で、4リッターV8ツインターボのメルセデスAMG C63が1219万円というエゲツない価格設定。そのほか同じAクラスのA250スポーツが534万円で、メルセデスAMG A45が720万円。出力こそ違えどどっちも2リッターターボで一体チューニング代いくらする? って感じだわさ。


VOLVO Polestar
 もちろんエンジンに合わせてブレーキもミッションも足回りも、ことによったらボディも補強され、インテリアもナッパーレザーやらカーボンパネルなんかも付いてる「作り直し」で要はトータルコーディネート代。その市場にボルボもより本格参入してきてると。ポールスターモデルは2014年に初登場して当初年100台だったのが16年に750台で、来年は1500台生産を計画してるとか。順調に伸びてます。

●まさにボルボ版AMGって感じですか?

Thed Björk claims maiden WTCC victory on a historic weekend for Polestar Cyan Racing Thed Björk claims maiden WTCC victory on a historic weekend for Polestar Cyan Racing
 つまり新型XC90を見てもわかるように、それだけ新生ボルボも近年ブランドビジネスに目覚めてきたわけで、そこで必要になるのが伝説なのよ。AMGがそもそも70年代のスパ24時間や80年代のDTM(ドイツツーリングカー選手権)で勝ちまくってたチューナー兼レーシングチームであったように、ポールスターもそうで、そもそもはボルボベースでレースに出てた、伝説のスウェーデンレーシングチーム。ソイツが80年のDTMや以降のスウェーデンツーリングカー選手権で活躍し、ボルボ本社に認められて、今やWTCC(世界ツーリングカー選手権)で初の世界チャンピオンを目指しつつ、ボルボ純正チューナーとなったわけで。まさにボルボ版の現代のAMGなワケ。


 ただし、そのテイストはだいぶ違うんです。いままではイマドキほぼボルボしか作ってなかった珍しい直6ターボをフロントに横置きするV60 T6なぞをベースにイジってましたけど、今回は遂にエコ時代対応の新世代2リッター直4エンジン「DRIVE-E」が元ネタ。コイツを専用コンロッドやカムシャフトやターボ&スーパーチャージャーでチューニングし、ピークパワー & トルクを367ps&470Nmまで強化。ただし、聞けば今やWTCCに出てるレーシングボルボもDRIVE-Eがベースだそうで、つくづくエコな時代。
 それでいてこのS60ポールスターも0-100km/h加速4.7秒とかなり速く、JC08燃費も12.2km/Lと良好。いまどきモード燃費を発表してないAMGとはマジメさが違うんですわ。

Related Gallery:VOLVO Polestar
●優しくて強い男こそコイツに乗れ!

VOLVO Polestar
 さらに肝心のカスタムテイストですよ。コイツがやることやってんのに全体大人しめで、まず目立つのは、ポールスターならではの水色ボディとタイヤ回りぐらい。新デザインの20インチアルミや扁平率35の極薄20インチタイヤ&ブレンボ製6ピストンキャリパーが、妙な本気度オーラ漂わしてまして、お次に、細かく見ると気づくのがバンパー下のフロントスプリッターコーナーやらリアディフューザーやらリアスポイラーで、しかもこれらはすべてダウンフォース等ついてる本物のカタチ。もちろん専用グリルやエンブレムやブラックドアミラーは純粋デザイン目的ですけどね。

VOLVO Polestar VOLVO Polestar
 インテリアも専用ヌバック & 本革のバケットシートやステアリングホイール、アルミペダル & フットレストやカーボンパネルやシフトノブが目立つけど、シフトもこのポールスターだけ、パドルを引きながら強化した8ATを2回手前に引くと「スポーツ+」ってシフトスピードを高めたモードに入り、コッチもオタクな工夫、やることやってます。

●おそらくジャン=クロード・ヴァンダムもビックリ!


 最後の肝心の乗り味ですが、これこそやっぱボルボ! 北欧の柔道家は、近隣のジャン=クロード・ヴァンダム(ベルギーでして)の如くカラダこそゴツいけど実は礼儀正しいようなもんで、ポールスターもしっかりしていつつ人に優しい。まず最初に驚くのは、走り始めの意外にブカっとした乗り心地やステアフィールで、AMGやBMW Mモデルほどの上質なゴリゴリ感はナシ。

VOLVO Polestar
 ただしそれでも踏み込むとバカっ速! でしっかりコントロールされてます。それも直6スーパーチャージターボみたいなドラマティックさはなくって、踏めばドカンと速い。その厚みは直4の方が凄いくらいで、確かに2リッターって排気量や300馬力後半のスペックは驚くべきものではないけど、その立ち上がりや扱い易さは特筆モノ。ついでにエンジンサウンドもスポーツモードにすると十分渇いたナイスサウンドに進化します。


 それから長く乗ると気づくのは、そのゴリゴリとダイレクトでありすぎず、ちゃんと効くブレーキ。長いターンパイクの下り坂でも、よっぽど何往復もしない限り(限界は試せてませんが)最後でもちゃんと聞くし、そのしっかり感が安心感マックス。さすがにレーシングカーベースって感じ。

VOLVO Polestar VOLVO Polestar
 正直メルセデスAMGほどの匂い立つ不良っぽさとか、BMW Mほどの乗って5秒でわかる走りの鋭さや濃厚度はないかもしれません。でも、この速さ、この快適度で800万円台って相当良心的。4WD車ってことでは基準車プラスほぼ200万円だからして。日本割り当てジャスト100台もすぐ無くなっちゃうかもねぇ...。

■ボルボ・カー・ジャパン 株式会社
http://www.volvocars.com/jp