TOYOTA MARKX
トヨタは、マークXをマイナーチェンジし、11月22日に発売した。
マークXは、1968年より続く歴代マークⅡが育んできた資質を磨き上げ、2004年に誕生した。今回のマイナーチェンジは、大人のスポーティセダンとして、フロントを中心にデザインを一新。基本性能を熟成させ、安全装備も充実。新スポーツグレード「250RDS」、「350RDS」を設定した。

Related Gallery:TOYOTA MARKX

エクステリアは、ロアグリルをサイドから包み込むように張り出した縁取りでワイドに低く構えたバンパー&ロアグリルと見る角度によって表情を変える緻密なデザインのアッパーグリル、シャープなデザインのヘッドランプを組み合わせた。


ブラック基調のリヤコンビネーションランプを採用し、フロントとの一体感のあるスポーティさを演出した。外板色は、新色トゥルーブルーマイカメタリック、プレシャスブラックパール(オプション)を含む全6色を設定し、洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を全外板色に採用。


インテリアは、素材、カラーなど、仕様の異なるインテリアデザインを採用し、それぞれのグレードにあわせた室内空間を提供する。


マークXの月販目標台数は、1,000台、希望小売価格(消費税込み)は、2,656,800円〜。

■トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp