今年の冬は54年ぶりに首都圏でも11月に降雪する予報が出るなど、雪国ではない都市部などではタイヤチェーンの出番が予測される。そこで、主要タイプ別のタイヤチェーンの装着方法の動画をご紹介しよう。

タイヤチェーンには、大きく分けると昔ながらの金属チェーンとゴムや樹脂などを使った非金属チェーンに分けられる。

ちなみに、非金属チェーンの方が高価格となるが、主な金属チェーンの最高速度が30㎞/hであるのに対し、非金属チェーンは50㎞/hであり、関越トンネルなどで外さないで通過できる(金属チェーンはトンネル内使用禁止)メリットや、耐久性があるため使用できる距離が長い、錆などに強いためメンテナンス性が良いなどの長所があげられる(商品により制限速度などが異なるため、ご自分の製品をチェックして欲しい)。

選ぶ際は、使用用途、使用頻度、予算などで、自分に合ったものを選ぶと良いだろう。

ただし、最近のクルマはタイヤサイズにはフィットしていても、サスペンションとタイヤの間、タイヤとボディの間のクリアランスが狭いクルマもあり、その場合はタイヤチェーン使用不可もしくは、タイヤチェーンによって使用可否が変わる場合があるため、必ず車種適合をチェックして購入する必要がある点は要注意だ。


こちらが、JAFが公開している主なチェーンの装着方法の動画だ。チェーンの種類によってはクルマの移動が必要となったり、ジャッキアップが必要になったりするものもある。

このようなチェーンの場合、坂道の途中で登れなくなってから装着することは非常に難しいので、平坦な場所であらかじめチェーンを装着しておく必要がある。

降雪するとJAFを呼んでも、何時間も待機しなけばならない場合があるので、まずはしっかり自分できる雪対策をして欲しい。

また、タイヤチェーンは降雪している最中に装着する場合、晴れている時と異なり、意外と時間がかかる。そのため、事前に晴天時に自分のクルマに装着してみると良いだろう。

特に新品非金属チェーンの場合、タイヤの形にフィットする前は硬かったり、新車など新品タイヤに装着する際、チェーンに対してタイヤが大きめのため、装着しづらかったりする場合があるので、事前の装着練習はお勧めしたい。

チェーンは、一度降雪すると、店頭在庫が売り切れてしまう場合が多く、特に人気車種のタイヤサイズは早々になくなる場合が多い。備えあれば憂いなしということで、購入を検討している読者は早めのアクションが良いだろう。

主なタイヤチェーンの装着方法動画

金属チェーン ラダータイプ(FECベーシックタイプ)


非金属チェーン(バイアスロン クイックイージー)


ネット型チェーン(Autosock)

JAF公式サイト
http://www.jaf.or.jp/