テスラ、完全自動運転車の「目線」を紹介するビデオを公開
テスラが10月に初公開した完全自動運転機能のデモ映像は、実に興味深いものだった。だが、自動で走るクルマの"目線"は一体どうなっているのか、皆さんは想像したことがあるだろうか。今から早速ご紹介したい。テスラは、完全自動運転機能を搭載した電気自動車が街の公道をテスト走行する様子を収めた、新たなビデオを公開した。映像から分かるように、カメラとセンサーは車線、標識、信号、歩行者、自動車をはじめとする大量の様々な物体を常に検知する必要がある。そして、"流れていく周囲の景色(モーションフロー)"をとらえて、クルマがどこに向かっているかを判断する仕組みだ。

このテスト走行は完璧だったわけではない。例えばビデオの1:30あたりで、道路脇をランニングしている人を検知して、不必要な減速を行っていることが分かる。また、雪の降る天候や薄暗い道路を夜間に走行するといったさらに好ましくない状況で、この完全自動運転機能がどのくらいうまく作動するかということも不明だ。とはいえ、現状でも見事な仕上がりと言えるだろう。この自動運転車は、比較的複雑な状況であっても、運転者がハンドルに一度も触れる必要がないほどに、周囲の環境を十分に把握している。

注:この記事は米国版『Engadget』に掲載されたJon Fingas記者による記事を転載したもの。




By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー