シボレーの新型電気自動車「Bolt」が、2017年グリーン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
今月8日に発表された2017年のグリーン・カー・オブ・ザ・イヤーの最終候補は5台ともすべてプラグイン車だったので、今年の受賞車が電動パワートレインを搭載するクルマから選ばれることはすでに分かっていた。そして今月17日、米国の自動車雑誌『Green Car Journal』の編集者であり、出版者のロン・コーガン氏がついに同賞の受賞車を発表。2017年型シボレー「Bolt」が受賞した。コーガン氏は、あらゆるものが変化を遂げようとしている今、同車が自動車産業の今の流れを象徴しているとコメントした。かつてセルモーターが発明された時と同じように、今は変化の時なのだ。だが、この新型電気自動車受賞の報せは、すでに何度も耳にしている気がする。今週だけで、シボレー Boltは米国の自動車誌『Motor Trend』のカー・オブ・ザ・イヤーも受賞し、『カー・アンド・ドライバー』の毎年恒例の「トップ10」にも名前が挙がっているのだ。


グリーン・カー・オブ・ザ・イヤーの最終候補に選出された残りの4台は、トヨタ「プリウス プライム」(日本名「プリウスPHV」)、クライスラー「パシフィカ」、起亜「オプティマ」(ハイブリッドもプラグイン・ハイブリッド・モデルも含まれている)、そしてBMW「330e iパフォーマンス」となっている。昨年の同賞受賞車は2016年型シボレー「Volt」だった。

発表の模様はこちらをご覧いただきたい。



オートモビリティーLA」で2017年のグリーン・カー・オブ・ザ・イヤーの発表。受賞車は...

By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー