キャデラック、最も大トルクで環境に優しい「CT6 プラグイン・ハイブリッド」を発表
Related Gallery:2017 Cadillac CT6 Plug-in Hybrid

キャデラックが悲しい結末に終わった「ELR」以来、再びハイブリッド競争に戻ってくる。今回は既存のモデルに新たなドライブトレインを組み合わせる形を採り、フラッグシップ・モデルの「CT6」に2.0リッター直列4気筒ターボ・エンジンと2基の電気モーター、そして大型のバッテリーパックを搭載した。その結果、この「CT6 プラグイン・ハイブリッド」はガソリン等価換算燃費65MPGe(27.6km/L相当)となり、航続距離は電気モーターのみで30マイル(約48km)、エンジンと合わせると400マイル(約644km)に達するという。

システム合計の最高出力は335hp、最大トルクが59.7kgm。このパワーはCT6の3.6リッターV6モデルと同じで、トルクは同モデルや3.0リッターV6ツインターボ搭載モデルを上回る。キャデラックによると、このプラグイン・ハイブリッドのパワートレインを搭載したCT6は、0-60mph(約96.6km/h)を5.2秒で加速し、最高速度は150mph(約241km/h)に達するという。

The Cadillac CT6 Plug-In Hybrid goes on sale in North America in spring of 2017. The CT6 Plug-In offers over 400 miles of combine driving range, a full EV range of an estimated 30 miles and a zero to 60 mph time of 5.2 seconds.

このパワフルかつ環境に優しいCT6 プラグイン・ハイブリッドは、7万6,090ドル(約844万円)というプレミアム価格で来年の春に発売される予定だ。また、その装備は「CT6 プレミアム・ラグジュアリー」トリムと同レベルとのこと。ちなみに同トリムのガソリン車は、3.6リッターV6モデルが6万4,590ドル(約716万円)から、3.0リッターV6ツインターボが6万8,590ドル(約761万円)からとなっている。キャデラックは、ハイブリッド・パワートレインだけでなく従来のガソリン・モデルにも多数のオプションを用意するようだ。例えばプラグイン・ハイブリッドと同じ後部座席用インフォテインメント・システムと改良型ナイトビジョンを付けるには、プラス5,800ドル(約63万円)のオプション・パッケージを追加する必要がある。ツインターボ・モデルなら同オプションを追加しても、プラグイン・ハイブリッドより1700ドル(約19万円)安く済むが、燃料費と排出ガスを抑えることができると考えれば、この差額を払うのも悪くない選択となるだろう。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー