米国ラスベガス市、歩行者の運動エネルギーで発電する街灯の設置を計画
米国ラスベガスは、きらびやかな電飾と日差しの強い晴天、そして歩行者が大勢いることで有名だ。つまりこの地は、クリーン・テクノロジー関連のスタートアップ企業であるEnGoPLANETにとって、太陽光発電パネルと歩行者が踏むことでエネルギーを生じるパッドから電力を供給するLED街灯の実証実験を行うにあたり、明らかに最適な場所なのである。しかも、この実験装置はラスベガスのダウンタウンにあるボールダー・プラザと呼ばれるスペースを明るく照らすだけでなく、監視カメラ、WiFiスポット、携帯機器の充電ステーションにも電力を供給するという。

このシステムは、羽根のようにカーブした太陽光パネル(大きさについては言及されていない)でバッテリーを充電し、この電力を使ってエネルギー効率の高いLED街灯を夜間に点灯するというもの。この街灯はまた、USBを使った携帯機器の充電ステーションとWiFiスポットも兼ね備えている。夜間と曇り空のときは、歩道に設置された足踏み式の動力パッドで充電を行う。このパッドは踏まれた際の圧力に応じて4~8ワットの電力を踏む度に発生させるという、3基の小型発電装置に接続されているそうだ。



以前に発表されたプレスリリースによると、このユニットは完全独立型で、電力網に接続されていないオフグリッド方式であるという。市当局が電力やバッテリーレベルを監視でき、特別なイベントに合わせてLEDライトの色を変えることも可能だ。さらに内蔵されたセンサーから周囲の大気質や歩行者の交通量を計測し、市統計局や広告主がデータを活用できる"スマート分析"なる機能も備えている。

EnGoPLANETのペタル・ミロビックCEOは『Las Vegas Review Journal』誌の取材に対し、ボールダー・プラザでの設置は同プロジェクトのほんの始まりに過ぎず、ホテルやカジノが立ち並ぶストリップ地区やニューヨークのような大都市へも拡大したいと語り、「我々のプロジェクトは従来の街灯の優れた代用品あるいは代替品になると考えている」と述べている。同社によれば、世界中で放出されている二酸化炭素(CO2)は年間100億トンにのぼり、そのうち街灯は1億トンを占めるとのこと。全体から見れば少ないかもしれないが、地球温暖化が進んで取り返しのつかないことになる前に、出来るところから早急に削減する必要があるだろう。

注:この記事は米国版『Engadget』に掲載されたSteve Dent 記者による記事を転載したもの。




By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー