インフィニティ、新型「Q60 3.0t スポーツ」をLAオートショーで公開
Related Gallery:2017 Infiniti Q60 3.0T Sport: LA 2016

インフィニティが、新型「Q60 3.0t スポーツ」の米国における販売価格を公表した。最高出力300hpを発揮する同車は配送料込みで4万9,205ドル(約546万円)、全輪駆動モデルは5万1,205ドル(約568万円)からで、「Q60 3.0t プレミアム AWD」と「Q60 レッドスポーツ 400」の中間に位置する。

価格だけでなく、Q60 3.0t スポーツが搭載する3.0リッターV6ツインターボ・エンジンは、最高出力もラインアップの中間となる。直列4気筒ターボを搭載したエントリーモデル「Q60 2.0t」は最高出力208hp、一方トップモデルのQ60 レッドスポーツ 400には、その名前が表す通り、最高出力400hpを発揮する3.0リッターV6ツインターボが搭載されている。300hpのQ60 3.0t スポーツは、Q60 レッドスポーツ 400には及ばないが、4気筒のエントリー・モデルよりずっとパワフルだ。



さらに、このQ60 3.0t スポーツには、キャリパーがシルバーで塗られたスポーツ・ブレーキ、スポーツ・チューニングが施されたダイナミック・デジタル・サスペンション、19インチのアルミ合金ホイール、インテリアのカーボンファイバー製トリム、セミアニリン・レザーを採用したスポーツ・シートなど、ハイエンド・モデルと同等の装備が与えられるという。米国では今年12月に発売予定だが、このクルマの生産が行われている日本でも、日産から新型「スカイライン クーペ」として来年早々の発売が期待されている。




By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー