トヨタは、幅広いモビリティに応用可能な燃料電池技術を「ゼロ・エミッション」実現に向けた本命と位置付け研究開発を進め、その一環として、米国・カリフォルニア州において、これまで培ってきた技術を応用し大型トラック(セミトレーラー・トラック)へ燃料電池を搭載するフィージビリティ・スタディ(技術・事業化調査)を進める。

 トヨタは、走行中にCO2を一切排出しない「ゼロ・エミッション車」として、燃料電池自動車の「ミライ」を国内外で提供し、乗用車に加えて、大型トラックへの燃料電池技術の応用により、将来的には「貨物輸送におけるゼロ・エミッション」実現に貢献することを視野に入れ、本調査を行う。
 日本では、トヨタは2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上のFCバスの導入を予定。それに先立ち、2017年初めにFCバスを日本で初めて販売する予定。

■トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp