【ビデオ】Uberに乗ったら、ドライバーが映画『ユー・ガット・メール』で有名なメール受信時に聞くボイスの声優だった!
米国である女性がUberに乗車した際にドライバーに話し掛けたら、懐かしさが込み上げてきた。実はそのドライバーは、インターネットの普及で最初に有名になった人物の1人だったのだ。

先週の日曜日、ヒラリー・クリントン氏を支持するブランディー・バーカーさんは米国大統領選の支援活動をした後、オハイオ州シェーカーハイツにあるヒラリー氏の選挙事務所へ戻る途中だった。そのUberを運転していたエルウッド・エドワーズさんは、自分は人気のEメール・サービスのメール受信音の声を最初に担当した1人で、伝説的フレーズ「You've got mail(メールが届いています)」の声を担当した俳優だったと彼女に教えた。そう、メグ・ライアンとトム・ハンクスをオンラインでの現代的な恋愛に夢中させた声の持ち主は今、オハイオ州でUberのドライバーをしているのだ。当然ながらバーカーさんは驚いたという。「私はかなり興奮して、動画を撮らせてほしいと頼みました」と彼女はCNNの取材に答えた。
バーカーさんは、多くのAOLユーザーがEメールを開く度に聞いたあのフレーズを披露するエドワーズの姿を撮影し、懐かしさからその映像をTwitterに投稿した。現在のYouTubeのスター、ピューディパイには何百万というフォロワーがいるし、彼のYouTubeチャンネルから大金を得ている。しかし彼は、エドワーズや彼の心地よい通知のような文化の象徴には決してならないだろう。エドワーズはさらに、「File's Done(ダウンロード完了)」や「Goodbye(さよなら)」といった懐かしいフレーズも録画させてくれたようだ。長年声優をやってきたエドワーズが映画『ユー・ガット・メール』の仕事を得たのは、当時AOLの前身であるクォンタム・コンピュータ・サービス社で働いていた彼の妻がきっかけだった。彼はこの仕事で200ドル(現在のレートで約2万2,000円)もらったという。エドワーズは最近、オハイオ州クリーブランドにあるテレビ局のニュース編集者を辞めてUberのドライバーをしているのだ。

彼の有名な声は今でも時々注目を集めている。昨年彼はNBCの人気トーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』に出演し、ホストであるジミー・ファロンのためにいくつかのフレーズを読んでいる。ファロンは2014年、同番組のコーナーの中でUberのドライバーを務めたことがあった。面白半分で運転手を体験した有名人は彼だけではない。ジェイ・レノは昨年、様々なクルマを紹介する自身のウェブ番組『Jay Leno's Garage』を宣伝するために、ロッコという偽名でUberドライバーに変装した

エドワーズによる懐かしいフレーズを聞きたい方は、ぜひ以下の動画をチェックしてほしい。

(注記:AutoblogはAOLにより運営されています)



By Erin Marquis
翻訳:日本映像翻訳アカデミー