ラム、控えめなモノトーンと鮮やかなオレンジの「1500」特別仕様車2種を発表
Related Gallery:2017 Ram 1500 Rebel Mojave Sand

例年エコなクルマが集うLAオートショーには通常であればピックアップトラックは場違いだが、ラムは太陽のきらめく南カリフォルニアへ2種類の限定特別仕様を送り込まないわけにはいかなかったようだ。まずは「1500 レベル モハベサンド」からご紹介しよう。1,500台限定のこのトラックは、アメリカ南西部のモハベ砂漠に因んだカラーでペイントされているが、まったく同じ名前のボディ・カラーを採用したジープの「レネゲード」とはまるで違って見える。キュートなジープの褐色のような色合いと比べると、このラム レベルの色はもっと白に近い。だがレネゲードには、レベルのパフォーマンス・フードに見られる美しいブラックのデカールは施されていない。



インテリアはシートをレーダーレッドからオールブラックに変更し、ライトスレートグレーのステッチがインパネやドア、シートにあしらわれている。ブラック・アルマイト風のタッチに仕上げられたキャビンは、非常にビジネスライクな印象というのが率直な感想だ。レベルのようなピックアップにはそぐわないように思えるが、それは悪い意味ではない。


Related Gallery:2017 Ram 1500 Ignition Orange Sport

レベル モハベサンドがあまりにも地味だという方は、「1500 イグニッション オレンジスポーツ」はいかがだろう。2015年に販売された限定モデルの復刻バージョンで、明るいオレンジのボディ・カラーはそのままに、ボディと同色のグリル、ボンネットに施されたブラックのデカール(これはモハベサンドと同一)、ブラックのバッジを装着している。先代とのエクステリアにおける大きな違いはホイールだ。20インチの5スポーク・デザインは、以前のシルバーからブラックに変更されている。内装はキャビン全体に"カッパーヘッド(アメリカマムシ)"色のアクセントとステッチが配され、ドアパネルにはオレンジ・アルマイト風のトリムピースが取り付けられた。



レベル モハベサンドの価格は、配送料1,320ドル(約14万円)込みで4万6,910ドル(約512万円)から。納車は12月の開始を予定している。イグニッション オレンジスポーツは、5.7リッターV型8気筒エンジン搭載のクルーキャブ(フルサイズドア4枚に2列シート)タイプのみで、こちらも配送料込みで4万5,060ドル(約492万円)からとなる。ジャック・オー・ランタン(ハロウィーンのかぼちゃ)をテーマにしたようなこのトラックは、既に米国で販売中だ。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー