新型ジープ「ラングラー」、クラシックな外観を維持しつつ新たに着脱式ルーフ・パネルを採用か
Related Gallery:2018 Jeep Wrangler JL renderings
2018 Jeep Wrangler JL renderings2018 Jeep Wrangler JL renderings2018 Jeep Wrangler JL renderings2018 Jeep Wrangler JL renderings2018 Jeep Wrangler JL renderings2018 Jeep Wrangler JL renderings2018 Jeep Wrangler JL renderings2018 Jeep Wrangler JL renderings

ジープ「ラングラー」について語り合う『JL Wrangler Forums』に書き込まれた投稿によると、2018年モデルとして登場する新型ラングラーでは、スタイルを一新するにあたり、オフローダーのクラシックな外観を維持しつつ新しい特徴を加え進化させるという方法が採用されるだろうと推測している。同フォーラムは、スパイショットとリークした画像を組み合わせ、この次期型ラングラーのイメージ画像を作成した。

その画像を見ると、クラシックなジープのフロントエンドにモダンな装いが加えられているのが分かる。中でもFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)が事前に明かしていたLEDヘッドライトとウインカーの変更は顕著だ。興味深いのは、空力対策のエアダムがバンパーの後部に設けられていること。保守的で変わらない印象を保っているフロントフェンダーとの間にギャップが感じられる。グリル、フロントガラス、ボンネットは空力を考慮して、より傾斜がつけられるようだ。

後部のライトはディーラーからリークされたFCAの画像に沿っているが、その中にあったバックライトが見当たらない。四角いテールライトはピックアップ・トラック仕様にも採用されるもので、SUV仕様ではプラスチックのフェンダーフレアがその横に付く。ラングラーのピックアップ・トラック仕様は、スパイショットを見るとテールライトが後部の荷台に組み込まれており、これはダッジ「ラム」とも似ている。もっとも、これは最終的なデザインが決まるまでの暫定的なものだろう。両モデルともサイドはルーフやドアハンドルにスクエアを強調した特徴が見受けられ、角に傾斜を付けて現代的な見た目に仕上げている。

Rendering of 2018 Jeep Wrangler JL

謎が残るのは、ルーフについてだ。この新型モデルは、完全に取り外せるルーフではなく、「ジープ・レネゲード」と同様、着脱式のパネルを採用する可能性がある。『JL Wrangler Forums』には、このルーフがどのように取り外せるかを示した画像が用意されており、それによるとルーフは部分的に取り外しが可能で、最後尾のウィンドウも取り外せるようだ。全体的な印象は、現行の「ラングラー・アンリミテッド」に似ているが、このシステムには潜在的な欠点がある。取り外したハードパネルを保管する場所が必要なのだ。さらに現行モデルとは違い、このクルマには天候が急激に悪化した場合に使用できるソフトトップの備えがない。ただし、このデザインが生産モデルに採用されるかは、まだ確実とは言えない。FCAは、ラングラーのプロトタイプが初めて注目を集めて以来、一貫してルーフについては完全に秘密を守っており、その機能については現時点で推測することしかできない。

とはいえ、このレンダリング画像はなかなか説得力がある。期待通りにラングラーが来年デビューを果たした際には、この画像がどのくらい正確だったかが分かるだろう。新型ラングラーは、アルミニウム製のボディパネルや8速ATを採用し、ディーゼルのパワートレインも用意される見込みだ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー