【ビデオ】ガイ・ニューマーク氏の1964年型ポルシェ「356C」、ついに走行距離100万マイル(約161万km)を達成
3年ほど前、ガイ・ニューマーク氏と走行距離が98万2,000マイル(約158万km)という彼の愛車1964年型ポルシェ「356C」が自動車業界で注目を浴びた。そして今年、ついに同車の走行距離は100万マイル(約161万km)の大台を超え、再び話題を集めている。皆さんも是非、文末のビデオでチェックしていただきたい。

ビデオの中でニューマーク氏は、桁外れの走行距離をどうやって達成したかについて、「どこへでも、どんな用事でもこのクルマを運転していく」と明かしている。彼にとって356は週末用のオモチャでもガレージの装飾品でもなく、日常の移動手段なのだ。

当然ながら、製造から52年経つポルシェが特別のケアなしに100マイルを達成できるわけはない。ニューマーク氏は3,000マイル(約4,828km)走る毎に点検を欠かしたことがない上に、エンジンを3回リビルドしたという。ここまで献身的になれるのは、ひとえに自身のクルマを深く愛しているからに違いない。ビデオで彼はこの356について、非常に運転しやすいことやボディの曲線の美しさなど、その素晴らしさを語っている。また、こんなに長年所有しているクルマでも、駐車してクルマを降りる度に、振り返り眺めて楽しむそうだ。それこそ彼にとって完璧なクルマであるという証に他ならないだろう。




By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー