ダイハツ「トール」とトヨタ「ルーミー」「タンク」の発表会場からリポート 軽の技術によって軽ではないから出来たクルマ
Related Gallery:Daihast Thor and Toyota Roomy/Tank

ダイハツトヨタは9日、コンパクトでルーフが高めのボディにパワースライドドアを備える新型車、ダイハツ「トール」とトヨタ「ルーミー」および「タンク」を発表。スバルにOEM供給される「ジャスティ」と合わせて3社から発売されたこの"ミニミニバン"は、企画から開発、設計、デザイン、製造に至るまで、全てダイハツが担当したという。




ダイハツが「軽自動車で培った技術」によって作り上げたこのトール/ルーミー・タンク/ジャスティは、生活の変化に伴い軽自動車からもう少し大きめのクルマに乗り換えたいと思うようなユーザーを主に想定して開発された。軽より少しだけ大きな全長3,700mm × 全幅1,670mmというサイズのお陰で、車内には5人乗りが可能となり、荷室はダイハツの方によれば「機内持ち込み可能サイズの荷物が5人分積める」ようになった。軽自動車枠の中で無理に"背伸び"する必要も薄まり、全高は1,735mmと「タント」より低いので、走りの安定性も向上しているはずだ。直接のライバルとして比較を避けられないスズキの「ソリオ」と比べると、45mmもワイドな車幅の違いが目立つ。それでも軽自動車から乗り換えるドライバーが困らないようにと、最小回転半径4.6mという数値はライバルの4.8mを凌ぐ。




エンジンは、最高出力69ps/6,000rpm、最大トルク9.4kgm/4,400rpmを発生する自然吸気の1.0リッター直列3気筒「1KR-FE」型に加え、ターボチャージャーとインタークーラーを装備することで98ps/6,000rpmと14.3kgm/2,400〜4,000rpmを発揮する新開発の「1KR-VET」型を設定。それぞれギア比が最適化されたCVTとの組み合わせで前輪を駆動する。自然吸気モデルでは4輪駆動も選べる。JC08モード燃費は自然吸気の前輪駆動車で24.6km/L、ターボ車は21.8km/Lと、より排気量が大きくて「マイルドハイブリッド」を採用するライバルには敵わない。代わりにターボによる動力性能と自動車税の安さで勝負といったところか。シャシーはダイハツ「ブーン」およびトヨタ「パッソ」のものをベースに、両側スライドドアを採用するため、軽トールワゴンの開発で得られた知見を元に補強を施したという。



フロント・シートには軽枠では不可能なウォークスルーを採用し、背もたれを倒せばフルフラットに。室内長2,180mmという数値はスズキ ソリオの2,515mmよりもだいぶ短いが、ダイハツの方によればこれはメーター・パネルからの距離であり、ダッシュボードの奥まった位置にセンター・メーターを備えるソリオと、運転席前の一般的なメーター・パネルに加えセンターに4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイを装備したトールの違いによるものだという。逆にライバルより勝っている点はと訊くと「後部座席の背もたれが70度までリクライニングするところ」だとか。数値はともかく、実際的な使い勝手では負けないというのがダイハツのエンジニアによる主張だ。ちなみに車内の豊富な"便利アイテム"の中で、記者が最も感心したのは、この車中泊に適したシートと、引き出す幅によってスマートフォンから1Lの紙パックまで収納可能な回転式のカップホルダーだった。樹脂製ダッシュボードに施されたステッチ入りレザー風の仕上げもなかなかリアルで面白い。



エクステリアのデザインは、トヨタ店で販売されるルーミーや、トヨタカローラ店向けのタンクも、ダイハツのデザイナーが手掛けたそうで、これは各販売チャンネルで既に販売されているクルマのデザインを参考に、途中で何度かトヨタの確認を取りながら完成させたとか。確かにそれっぽく仕上がっているが、タンクがダイハツ トールの、ルーミーはトール カスタムの(そしてスバル ジャスティの)、ベースとなっていることは明らかだ。よく見ればLEDヘッドライトの違いや、テールランプ(赤とホワイトがある)の組み合わせによってバリエーションが構成されている。さらにトヨタの2モデルには、グリルやバンパーにドレスアップを施した「カスタム」がそれぞれ別にラインアップされる。つまり、エンブレムなどの僅かな差も含めれば、7つの顔から選べるわけだ。多羅尾坂内か。



デザイン面で「軽ではないから出来た」ところはありますかと尋ねたところ、「車体サイドにキャラクターラインを入れて躍動感を表現できたことですね。全幅の制約がある軽ではこういうことは出来ませんから。それから前面の中でヘッドライトの占める割合を薄くできることで、迫力の増した"ミニバンらしい顔"になったことです」と答えてくださった。なるほど。ちなみにダイハツのトールは、"Tall(背が高い)"ではなく、"Thor(北欧神話に登場する豪勇の神)"である。



軽自動車の技術によって作られたこのクルマは、軽自動車という枠に縛られないことで、実用性や動力性能、そしてデザインにも余裕が感じられる。毎日使う人にはその差が歴然と実感できるに違いない。おそらく、これこそがダイハツの本当に作りたかったスモールカーなのではないかと思われた。そういう意味では逆に軽自動車へのアンチテーゼとも言える。軽で不便を感じた人がこちらに乗り換えることはあっても、このクルマと比べてやっぱり軽がいいと選ぶ人は(経済的な理由を除けば)少ないだろう。消費税込み価格は3車種とも146万3,400円から。同等装備の軽自動車タントと比べると、税別でちょうど10万円高いだけ。つまり車両価格の8%弱ほど高くなる。これに対し毎年納める自動車税は2万9,500円と、約173%も増えてしまう。この種のクルマが必要な人たちのより良い暮らしと、そのために知恵を絞ってコストを削減している自動車メーカーの人々のことを考えれば、もう少しマシな税制はできないものかと思わざるを得ない。


ダイハツ 公式サイト:トール
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/

トヨタ 公式サイト:ルーミー
https://toyota.jp/roomy/
タンク
https://toyota.jp/tank/


Related Gallery:Daihatsu Thor

Related Gallery:Toyota Roomy/Tank