【ビデオ】『Forza Horizon 3』に新型「NSX」を含むカーパック第2弾が登場! 冬の天候を再現した拡張パックも年内に発売
人気レーシング・ゲーム『Forza Horizon 3』のマンスリーカーパック第2弾が配信開始になると同時に、興味をそそる拡張パックの発売が予告された。

まずは最新のカーパックからご説明しよう。今回はイタリアに本社を置く世界的なレーシングアパレル・ブランドのAlpinestars(アルパインスターズ)とコラボレーションしたパックで、7台のクルマを収録。ハイテク満載のアキュラ「NSX」とモンスター級のダウンフォースを発生するダッジ「ヴァイパーACR」による対戦が可能となる。また、2代目マツダ「サバンナRX-7」やS14型日産「シルビアK's」が追加されており、日本のチューンドカー・ファンにとっては喜ばしい限りだろう。なお、シルビアにはロケットバニーのヴィンテージボディキットを装着することもできる。他にも新型BMW「M4 GTS」、1979年型タルボ「サンビーム ロータス」、フォード・オーストラリアが製造・販売していた1967年型フォード「ファルコンXR GT」が含まれる。価格は820円だが、『Forza Horizon 3』のカーパスを持っている人は追加費用なしで入手できる。

この最新カーパックは、お伝えしたいニュースの半分でしかない。残り半分は『Forza Horizon 3』の拡張パック第1弾についてだ。現時点では、この拡張パックが年末に発売予定であることと、上記のティーザー画像で分かるように"雪"が追加されること以外、詳細はまったく明かされていない。こうした冬の天候は、ちょうどホリデーシーズンと重なる北米や日本にはぴったりだが、ゲームの舞台であるオーストラリアはこれから夏に向かう時期である。しかし、ビデオゲームが常に現実に即している必要はないだろう。それに、新たに追加される気象条件は、プレイヤーにこれまでにない楽しい挑戦を提供するはずだ。この拡張パックの価格は不明だが、今回と次回あわせて2回分の拡張パックが含まれる拡張パスは34.99ドル(日本での価格不明)となっている。

日本版公式サイトはこちら。
http://www.xbox.com/ja-JP/games/forza-horizon-3



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー