2017年型フォード「F-150ラプター」の受注状況とオンライン・コンフィギュレーターを公開
Related Gallery:2017 Ford F-150 SVT Raptor SuperCrew

1年も終わりに近づいた今、フォードは2017年型「F-150 ラプター」の生産を増大させると共に、顧客からの受注を開始した。もし順番待ちリストに入れたら、最高出力450hpを発揮し、オフロード・レース「Baja(バハ)1000」で激戦を繰り広げるスーパートラックが、5万ドル(約515万円)に満たない価格で自分の物になるのだ。フォードによると、初期生産分の65%にすでに注文が入っているという。

価格表を見ると、このピックアップ・トラックは4万9,520ドル(約510万円)からとなっているが、そんな値段で買えるのは、ベース仕様のクルマを幸運にもディーラーで見付けられたらの話だ(日本版編集部注:米国では好みの仕様を注文して納車を待つのではなく、販売店に置いてある車両の中から選んで購入するのが一般的なのです)。コンフィギュレーターを見てみると、ほとんどの顧客が4ドア・モデルを欲しがっているようで、その価格は少なくとも5万2,505ドル(約541万円)となっている。人気のテクノロジー・パッケージや保護塗装済みベッドライナーなどのオプションを加えると、ラプターの価格はたやすく7万ドル(約720万円)にまで膨れ上がる。

高額に聞こえるかもしれないが、そのとおりだ。そもそもピックアップ・トラックは安価なものではない。しかも高出力の3.5リッターV6ツインターボ「エコブースト」エンジンからFOXレーシング製のダンパーを使用した専用サスペンションまで、全て特別な装備を搭載すればコストも複雑性も増す。資金が豊富にあり、市場で最も秀逸かつクールなトラックが欲しいなら、2017年モデルが完売する前にコンフィギュレーターで自分好みの仕様を検討してみよう。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー