2017 EICMA DUCATI
イタリア・ミラノにて現在行われている、二輪最大のモーターサイクルショー「EICMA」にて、ドゥカティの2017年度のニューモデルが発表された。

Related Gallery:2017 EICMA DUCATI
■1299 Superleggera
2017 EICMA DUCATI

まずは、フレーム、スイングアーム、サブフレーム、 ホイールが全てカーボンファイバー製という、世界初の市販バイク「1299 Superleggera 」。

2017 EICMA DUCATI
舞台上には、元MotoGPの世界王者であり、ドゥカティのアンバサダー件テストライダーである、ケーシー・ストーナーがバイクに乗って登壇。このプレミアムバイクのテストライダーも務めている。

2017 EICMA DUCATI 2017 EICMA DUCATI
カーボンファイバー製のフェアリングは、モータースポーツの DNAを持つドゥカティならではの空力性能を備え、カーボンファイバー製ボディパネルの中には、ハイパフォーマンス・バージョンに進化した Superquadro が搭載。このデスモドロミック・エンジンは、究極レベルのドゥカティ・テクノロジーによ って開発され、市販されている L型 2 気筒エンジンとしては史上最強の215hpを発生。また、新しい「アクティブ・ビークル・コントロー ル(DAVC)」が搭載され、6軸加速度測定ユニット(6D IMU)を新たに採用することで、優れた電子制御を実現している。このシステムは、コーナー出口のパフォーマンスを高めるドゥカティ・スライド・コントロール(DSC)の導入を可能にすると同時に、1299 Panigale S Aniversario に搭載された「トラクション・コントロール EVO(DTC EVO)」の性能をさらに引き上げることに成功している。

2017 EICMA DUCATI
「1299 Superleggera」は限定500台となる。
 ※諸元値ならびに装備内容は全てイタリア本国仕様。


■Scrambler Café Racer
2017 EICMA DUCATI
ライフスタイルに溶け込むFANなバイクとして登場した、スクランブラーに新しいモデルが2台ラインナップ。ひとつめは、60年代の古き良き時代のスタイルを色濃く反映した「カフェ・レーサー」タイプ。

2017 EICMA DUCATI 2017 EICMA DUCATI
□主要装備
o 803cc L型2気筒 空冷Desmodueエンジン
 最高出力75hp (55kw) / 8,250rpm 、最大トルク 6.9kgm (68Nm) / 5,750rpm
o ブラックアルマイト加工アルミニウム製カバー付き、テルミニョーニ製デュアルテールパイプエグゾースト
o ピレリ製 17インチ DIABLOTM ROSSOIIタイヤ (フロント120/70 ZR17 & リア180/55 ZR17)
o アルミニウム製セパレートハンドル
o ブラックアルマイト処理されたアウターチューブ付きフルアジャスタブル倒立フロント・フォーク
 ※諸元値ならびに装備内容は全てイタリア本国仕様。


■Scrambler Desert Sled
2017 EICMA DUCATI
もうひとつは、1960年代から70年代にかけてカリフォルニアの砂漠や山脈を走り回り、アメリカのモーターサイクルの歴史を築き上げたオフロード・バイクからインスピレーションを得た「デザート・スレッド」。

2017 EICMA DUCATI 2017 EICMA DUCATI
2017 EICMA DUCATI 2017 EICMA DUCATI
□主要装備
o 803cc L型2気筒 空冷Desmodueエンジン
 最高出力75hp (55kw) / 8,250rpm 、最大トルク 6.9kgm (68Nm) / 5,750rpm
o オフロード走行にも適する強化フレーム
o 新開発のアルミニウム製スイングアーム
o フロント19インチ&リア17インチ、スポークホイール
ピレリ製SCORPIONTM RALLY STRタイヤ
フロント120/70 R19 M/C 60V M+S TL & リア 170/60 R 17 M/C 72V M+S TL
o シート高860mm
o KYB製倒立アジャスタブルフロントフォーク、ストローク長は200mm
o 別体式リザーバー・タンク付きKYB製アジャスタブルリアサスペンション
 ※諸元値ならびに装備内容は全てイタリア本国仕様。

■Monster 1200/1200S
2017 EICMA DUCATI
タンクの形状などが刷新され、よりスマートになった「モンスター1200/1200S」。モンスターの原点に立ち返りながらも、スタイルと機能の面を刷新。「スポーツ・ネイキット・バイク」というコンセプトで大きな話題を呼んだ、1993年に登場した初代モンスターがイメージとなっている。

2017 EICMA DUCATI 2017 EICMA DUCATI
 主要装備
o 1,198cc テスタストレッタ 11°DS エンジン
 最高出力 150hp (110.3kW) / 9,250rpm、最大トルク 12.9kgm (126.2Nm) / 7,750rpm
o 10 本スポークホイール、ピレリ製 DIABLO ROSSOTM III タイヤ(フロント 120/70 ZR17、リア
190/55 ZR17)
o KYB 製 43mm 径アジャスタブルフロントフォーク
o ザックス製アジャスタブルリアショック
o フロントブレーキシステム:ブレンボ製 M4.32 キャリパー、320mm 径ダブルディスク
 ※諸元値ならびに装備内容は全てイタリア本国仕様。


■Monster 797
2017 EICMA DUCATI
ドゥカティをより身近に感じられるモデルとして「モンスター797」が登場。スポーティーでありながらもコンパクトでスタイリッシュ。ドゥカティのエントリーモデルとしての位置づけとなる。

2017 EICMA DUCATI 2017 EICMA DUCATI
 主要装備
o 803cc L型2気筒 空冷Desmodueエンジン
 最高出力 75hp (55kw) / 8,250rpm、最大トルク 7.0kgm (69Nm) / 5,750rpm o ユーロ 4 規制に適合
o トレリスフレーム、鋳造アルミニウム製両持ち式スイングアーム
o シート高 805mm
o 燃料タンク容量 16.5L
o 軽合金 10 本スポークホイール
o ピレリ製 Diablo Rosso II タイヤ (フロント 120/70 ZR17、リア 180/55 ZR17)
o KYB 製 43mm 径倒立フロントフォーク
 ※諸元値ならびに装備内容は全てイタリア本国仕様。

■Multistrada 950
2017 EICMA DUCATI
937cc のテスタストレッタ・エンジンを搭載した、ムルチストラーダの軽量モデルが登場。デザインやシャシ構成を含め、ムルティストラーダ・ファミリーのすべての特徴を備え、ムルティストラーダ 1200 よりも軽量な車体と、840mmというシート高によって、ドゥカティのマルチパーパスモデルをより身近な存在としている。フロントホイールは19インチ。

2017 EICMA DUCATI 2017 EICMA DUCATI

 主要装備
o 937cc L型2気筒 テスタストレッタ11°エンジン
最高出力113hp(83.1kw)/9,000rpm、最 大トルク 9.8kgm (96.2Nm) / 7,750rpm
o ユーロ 4 規制に適合
o トレリスフレーム、鋳造アルミニウム製両持ち式スイングアーム
o シート高 840mm
o 燃料タンク容量 20L
o Y字6本スポーク・ホイール、ピレリ製 Scorpion Trail II タイヤ(フロント 120/70 ZR17、リア170/60 ZR17)
o KYB 製48mm 径フルアジャスタブル・フロントフォーク (ホイールストローク 170mm)
o ザックス製フルアジャスタブル・リアショック、(ホイールストローク 170mm)
 ※諸元値ならびに装備内容は全てイタリア本国仕様。

■DUCATI公式サイト
http://www.ducati.co.jp/