フォードのチューナーとして有名なラウシュが「マスタング」と「F-150」のカスタムカーをSEMAショーに出展
Related Gallery:2017 Roush P-51 Mustang: SEMA 2016

フォード車のチューナーとして有名なラウシュは、今年のSEMAショーにスーパーチャージャーを装着した2017年モデルのカスタムカー2台を出展した。同名の戦闘機「P-51」から着想を得たという「マスタング GT」と、ラウシュの「Nitemare」シリーズ最新作となるピックアップ・トラック「F150」だ(Nitemareのスペルは同社の通り)。

「P-51 マスタング」は、2007年のSEMAショーにも先代マスタングをベースにしたモデルが出展されているが、今回登場した2017年モデルの方がずっと速い。フォード・レーシング製の5.0リッター「アルミネーター」V8エンジンにイートン製スーパーチャージャーを組み合わせたことで、727hpという素晴らしい馬力を発揮する。そのサウンドを奏でるのがラウシュのアクティブ・エキゾースト・システムで、3種類の標準設定に加えオーナーが設定をカスタマイズすることもできる。強力なエンジン載せたボディは、最新のラウシュ製パーツ各種で改造され、P-51という名前に相応しく、戦闘機にインスパイアされたシルバーとマットなグリーンのカラーリングでペイントされている。車内は特別なレザーに張り替え、「P-51」のバッジを装着。このクルマは近く発売されるモデルのプロトタイプを兼ねているので、ファンはもうすぐMTかATを選んで購入することができるようになるだろう。


Related Gallery:2017 Roush F-150 Nitemare: SEMA 2016

P-51ほどパワフルではないものの、「F-150 Nitemare」も我々を楽しませてくれそうだ。ボンネットの下にはイートン製スーパーチャージャー付きの5.0リッターV8エンジンが搭載され、最高出力600hpを発生する。サイド出しのラウシュ製エキゾーストは、ブラックのチップに「Nitemare」のロゴが付く。エクステリアはラウシュの既製パーツやボンネットと側面に入ったグラフィックでカスタマイズされ、足元にはラウシュ製22インチ・ホイールを装着。インテリアの変更は最小限だが、特別なバッジがあしらわれ、オプションでレザーシートにアップグレードすることもできる。F-150 Nitemareも近々発売され、2輪駆動と4輪駆動のどちらでも注文できる予定だ。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー