モーター駆動e-POWERも登場!! オーテックが日産「ノート」のカスタムカー「 モード・プレミア」を12月12日より発売!!
日産の関連会社であるオーテックジャパンは、「ノート」の新電動パワートレイン「e-POWER」の追加に合わせ、新たなカスタムカーの「モード・プレミア」を12月12日より発売すると発表した。

「モード・プレミア」は、さらに上質な個性を求める顧客に向けて、エクステリア・インテリアの高級感を高めたカスタムカーだ。

昨年「エクストレイル」のカスタムカーとして発売され、ユーザーから好評を得ている「モード・プレミア」ブランドのファミリーとして、今回ノートにも、「e-POWER」を含めて新たに設定された。

Related Gallery:2016 Nissan Note Autech


エクステリアでは、専用フロントグリル、専用メタル調のサイドターンランプ付きドアミラー、専用リヤバンパーフィニッシャ―、専用エンブレム、専用15インチアルミホイールが装備された。

エクステリアの要所にアクセントとしてメタル調塗装を施すことで、スタイリッシュかつ洗練された上質さが表現されている。


インテリアでは、好みでウォームトーンのグレージュとシックなブラックのシート地を選択可能。

専用本革巻ステアリングやシルバーフィニッシャーなどとコーディネートし、ハイセンスな空間に仕上げられている。

なお、「モード・プレミア」は、ガソリン車で169万200~190万6,200円、e-Powerで220万7,520円(消費税込)で設定されている。

ノートは、量販車種なだけに、街中で見かける機会も多い。上品にグレードアップされたパーツが装着されることで、他の人とはワンランク上のノートを楽しめそうだ。


また「e-POWER」だけに、「ツーリングパッケージ」がオプション設定された。

このパッケージには、伸びやかなパワーフィールをもたらすファインレスポンスVCM(Vehicle Control Module)が採用されている。

ファインレスポンスVCMは、電動パワートレイン「e-POWER」の走行性能を制御するVCMを専用チューニングし、加速時の反応や追従走行時の伸びやかさを向上させるコントロールモジュール。すでに、オーテックのカスタムカーである「リーフ エアロスタイル」でも採用されており、好評の装備となっている。

あわせてボディ剛性の向上、16インチタイヤやサスペンション、さらにはパワーステアリング特性などもチューニングされており、快適で安心感のあるロングツーリングの楽しみがUPするパッケージとなっている。

モーター駆動となると、エンジン系パーツのカスタマイズではなく、モーターのコントロールなどの制御系のカスタマイズとなっている点が興味深い。今後どのようなチューニングパーツが登場するか楽しみだ。

オーテックジャパン「ノート」モード・プレミア 公式サイト
http://www.autech.co.jp/sv/note_modepremier/index.html


NOTE e-POWER ModePremier イメージムービー