DAIHATSU MOVE canbus
●妙な自動車病に罹ってしまったのかも?
 不躾小沢も年のせいか目も頭も少しおかしくなってきたんでありましょうか? 今このダイハツの意外なる伏兵、ムーヴキャンバスが、懐かしの"ヒッピーバス"こと60年代のワーゲンバスにしか見えないのでございます。

DAIHATSU MOVE canbus
 コイツの本質はダイハツが自らのいいところを寄せ集めたニッチ商品で、まずは使い勝手が予想以上にナイスなのと、同時にフォルムが可愛く絶妙にクラシカル。ところが良く見るとディテールはワーゲンバスとはかなり違ってて、サイズはかたや全長4.2m台、こなた約3.4mとまるで小さいし、なによりワーゲンはリアエンジン! 

DAIHATSU MOVE canbus DAIHATSU MOVE canbus
 よって本物がフロントギリギリまでノーズのないリアル食パンシェイプなのに対し、ムーヴキャンバスはイマドキの軽FFプラットフォームでノーズは付いててサイズも短い。でも不思議と漂うムードは割と似通ってるんですわ。

 ちなみにワーゲンバスとは60年代から北米を中心に流行った元祖ワンボックスカーで、骨格はあのVWタイプⅠこと初代ビートル。空冷フラット4をリアでバタバタかき鳴らしながら、ロン毛でラッパズボン履いたアメリカンニューシネマなデニス・ホッパーやピーター・フォンダがスモークしながら乗ってたイメージ。まさにLOVE&PEACEな走るヒッピームーブメントなワケよ。
 いまのギチギチな日本とは違い、素敵に荒っぽく自由を求めた時代ですが、そのふっくら食パンマンのようなフォルムは今だ愛され、良品だと400万円以上で取引されてる実用クラシックカーなのであります。

●軽サブリミナルの正体とはいったい?

DAIHATSU MOVE canbus
 しかしなぜムーヴキャンバスがワーゲンバスっぽく見えるかって、秘密は全体に散りばめられたサブリミナルのようなディテールでありましょう。

DAIHATSU MOVE canbus
 まずは売りの1つであるツートンカラーがキモ。目立つところではイマドキハデ目なピンクや水色をベース色に上半分は必ずホワイト系。コイツはワーゲンバスの定番セレクトで、良く見ると本物はフロントにV字で白がドカンと入っててムーヴキャンバスはそれほどでもない。でもその牧歌的なムードは共通。


 そのほか上半分のホワイト系がルーフはもちろんノーズまでグルリと横一周に塗られていて、ピラーはすべてブラックアウト。結果、タテの長さとリアの丸さが極端に強調され、全体としてバスっぽく見えるというシクミ。

DAIHATSU MOVE canbus DAIHATSU MOVE canbus
 さらにムーヴキャンバスの最大にして最強の個性は業界初の全高1.6m台の両側スライドドア付きの軽であること。今まで1.6m台のムーヴは前後スイングドアでさほど使い勝手は良くなく、かたや実用性を突き詰めた両側スライドドアの軽はダイハツ・タントやホンダNBOXのような全高1.7m台のみ。結果、リアに子供が立ったまま着替えられるほどのスペースが得られましたが、そうするとガラス部分がデカくなり過ぎて頭でっかちに見えちゃう。
 要はギリギリまで室内の広さ、高さを追究するとカッコ悪くなってしまう。それが過去のスライドドア付きの最大の欠点だったんですね。

Related Gallery:DAIHATSU MOVE canbus
●炎上ギリギリ未婚女性&その両親を狙い討ち


 というのもこのクルマは、かなり思い切ったマーティングをしていて、実は最初っから「未婚女性」&「その親世代」がターゲット。思い切って子育て層を捨てたからこそスライドドア車でありながら車高を下げれたわけで、結果、実用ワゴンのかわいさと両側スライドドアの便利さをほどよく両立してるんです。


 実際に乗って見ると身長176cmの小沢からみてリアドアからの乗り降りは多少窮屈だけど身長160cmの女性なら全く問題ないし、それどころか中に座っちゃうと十分広い。逆にスーパーハイト系はムダに背が高すぎる部分もあって、こっちの方が程よいと思えるほど。

DAIHATSU MOVE canbus DAIHATSU MOVE canbus
 さらにムーヴキャンバスのリアシートは、人が座ること以上に独身女性が物置として使うことを優先していて、シート下に独自の「置きラクボックス」を一部グレードで標準装備。これはワンタッチで「ケースモード」から「バスケットモード」に変化して小物からカバンまでラクに載せられる。

DAIHATSU MOVE canbus
 加えてバック時にボディ位置が俯瞰できるダイハツ初の「パノラマモニター」、ステアリング連動ヘッドランプの「AFS」などを一部オプション装備。リアシートは左右分割スライドも出来て、ラゲッジ容量の調整も利くし、女性のみならず、独身男性でも予想外に使い勝手はいいわけです。

●なにより安くてズルくて、少し遅い(笑)


 さらにここが一番意外でしたけど走りもビックリするほど味わいも増してます。どうやらチーフエンジニアさんが元コペン開発担当で、相当こだわっていて、足回りにフリクションコントロールダンパーを使ったり、ダンパーそのものもサイズアップしたり、さらに電動パワステの最適化、ブレーキキャリパー改善も敢行。見事にステアリングフィールからブレーキフィールまで良くなってます。

DAIHATSU MOVE canbus
 スライドドア車ってことでボディ剛性は凄く高くはないんだけど、走りは背の低さもあってタントより上。スライドドアの実用軽としては一番しっとり上質かもしれません。


 ただしエンジンは52psの660cc直3ノンターボ一本。女性ユーザーにターゲットを絞っていて、加速感は正直イマイチ。ただし、その分モード燃費も最良28.6km/Lと良好。


 なにより助かるのは価格の手軽さでなんと約120万円スタート。というのも足回りと一部フロアはトールワゴンのムーヴ、両側スライドドアレールなどはタントやウェイクのパーツを使って見事にコスト低減。リーズナブルに仕上げてるんですわ。グレードによってハイテク予防安全の「スマートアシストⅡ」を標準装備するから実力はあなどれない。

DAIHATSU MOVE canbus
 その上、さんざ繰り返したように「21世紀のワーゲンバス」と言いたくなるほどのキュートデザイン。厳密にはタントやNBOXと比べるとちょい屋根低めだけど、乗りこめば広いし、スライドドアは便利だし、まさにムーヴとタントとウェイクのいいとこ取り! ダイハツだからこそ作れた新たなる軽のニッチなニュージャンル。もしやこれぞ新・第三局ってか、予想以上に売れちゃうかもよ?

ダイハツ 公式サイト:ムーヴ キャンバス
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/