フォード「GT」のデザイン要素を「マスタング」に融合させたZero to 60 Designs社の「GTT」
Related Gallery:Zero to 60 Designs Ford Mustang GTT

11月1日からラスベガスで開催されるアフターマーケット・パーツの祭典、SEMAショーへ出展するために、米国のZero to 60 Designs社が「GTT(グラン・ツーリスモ・トリビュート)」と名付けたクルマを製作した。あの新型フォード「GT」からアイコニックなデザイン要素を抽出し、「マスタング」に取り入れるという手法で作られている。2種類の素晴らしいデザインを組み合わせたものが、より素晴らしくなったかどうかは見る人によるだろう。しかし、Zero to 60 Designsがこのクルマのデザインから製作までをわずか6週間で完了させたという話は注目に値する。

スーパーカーからインスパイアされたデザインに合わせて、Zero to 60 Designsはそれに相応しいパフォーマンスの向上も図っている。5.0リッター「コヨーテ」V8エンジンには、ProCharger製のスーパーチャージャーとMagnaFlow製のデュアルエキゾースト、SCT PerformanceによるECU(エンジン・コントロール・ユニット)のチューニングを組み合わせることで、最高出力800hp以上を発揮するという。さらにハンドリングやブレーキ性能も強化するため、アイバッハ製プロストリートSサスペンションやブレンボ製ブレーキ、ピレリ製「Pゼロ」タイヤを装着している。

このパッケージが気に行ったという方には朗報がある。Zero to 60 Designsは台数限定で市販向けGTTの製作を予定しているそうだ。製造開始は2017年初期頃になる見込みで、値段はクリスマスまでには確定するという。新型フォード「GT」のオーナーとなる初回のチャンスを逃がした人には、よい慰めとなるのではないだろうか。あるいは新型GTを手に入れた人にとっても、日によってGTTと交互に乗り比べることは楽しいに違いない。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー