メルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」を示唆するコンセプトカーが公開!
Related Gallery:Mercedes-Benz X-Class Concept

メルセデス・ベンツが、待望のミッドサイズ・ピックアップトラック「Xクラス」を示唆する「コンセプト Xクラス」を、ストックホルムで発表した。メルセデス初となるこのピックアップトラックは、ルノー・日産アライアンスとの提携から誕生したもので、日産NP300ナバラ」のプラットフォームを共有すると思われる。数種類のエンジンが用意される予定だが、トップ・グレードのモデルはV6ディーゼル・エンジンを搭載し、4輪駆動システムとリダクションギア付きトランスファー、電子制御トラクション・コントロール、そして2つのディファレンシャル・ロックを装備するという。主要マーケットには、南アメリカやオーストラリア、南アフリカ、ヨーロッパが名を連ねているが、日本や米国に導入する計画は今のところなさそうだ。

今回、メルセデスはタフなオフロード向けの「powerful adventurer」(イエロー)と、都会的なSUVを思わせる「stylish explorer」(ホワイト)という2種類のデザイン・バリエーションを用意した。いずれにせよ、メルセデスによれば「初めて登場する本物のプレミアム・ピックアップ」であるという。



市販モデルとなるXクラスは、欧州、オーストラリア、南アフリカ向けの車両がスペイン・バルセロナにある日産の工場で2017年から生産開始となり、南アメリカ向けはアルゼンチン・コルドバにあるルノーの工場で2018年より生産が始まるという。欧州では2017年後半から発売される予定だ。





By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー