マツダ、「ロードスター」をベースにした2台のコンセプトカーをSEMAショーに出展
Related Gallery:2016 Mazda MX-5 SEMA Concepts

来たる11月1日からラスベガスでカスタムカーの祭典、SEMAショー 2016が開催される。例年どおり様々な出展車のティーザー画像が公開されているが、皆さんも既にあれこれ想像を膨らませているだろうか。マツダMX-5」(日本名:ロードスター)の中毒にかかっている我々がいつも楽しみにしているのは、同車をベースにしたコンセプトカーだ。今年の出展車も昨年と同じくらい刺激的なクルマに違いなく、1台は昨年の「MX-5 スピードスター」の改良版、もう1台はリトラクタブル・ハードトップ仕様の魅力的な新型「MX-5 RF」ベースのコンセプトカーになると発表されている。両車とも、カリフォルニア州アーバインにあるマツダのデザイン・スタジオでデザイン・製作されたものだ。

今年の「MX-5 スピードスター エボリューション」は、昨年よりさらに軽量だ。約45kg減量して、ソフトトップの市販モデルより何と約160kgも軽いという。ボディ・カラーの「ホワイト・エーテル」は、昨年のスピードスターがまとっていた艶やかな「ブルー・エーテル」から青みをなくした色合いを想像させる。マツダはルーフのないMX-5やこれほど軽量なモデルを市販化することは決してないだろうか、しかし発売するべきではないだろうか。きっとロードコースを飛ばしたら最高だろう。



もう1台の「MX-5 RF クロ」は、初めてRFをベースに製作されたSEMAショー出展車だ(上の画像)。正直なところ、そこまで過激な外観には見えない。日本語の「クロ」が名前に入っているように、ボディはマットなチャコールで塗装されており、足元には17インチのレイズ製鍛造ホイールと「グローバル MX-5カップ」レースカーのサスペンションを装着している。とやかく言わずともRFはそのままでカッコいいし、MX-5カップ仕様のサスペンションなら、ゴーカートのようなハンドリングが楽しめそうだ。

もちろん、どちらのコンセプトカーも来月のラスベガスで全貌が明かされる。会場から続報をお伝えする予定なので、楽しみにお待ちいただきたい。


By Alex Kierstein
翻訳:日本映像翻訳アカデミー