Audi Sport
10月26日、AUDI AG取締役会会長のルパート シュタートラーは、今後も競争力を維持し続けるため、戦略的決断が取締役会で下されたことを説明した。アウディは今後もノイブルク及びネッカーズルムに在籍するモータースポーツ専門家たちのノウハウとスキルを、モータースポーツと生産モデルに活用する。

Related Gallery:Audi Sport
シュタートラーは、「将来を見据え、電気自動車によるレースに参戦することにしました。アウディのラインアップにおいて、今後電気自動車の比率が次第に高くなっていきます。アウディの先進技術を代表するモータースポーツのレースカーは、その技術力を示すものでければなりません。」と語った。

ABT Schaeffler FE02
電気自動車による最初のレースシリーズであるフォーミュラEは、2018年から完全なバッテリー駆動による電気自動車をラインアップに加えるアウディのブランド戦略に完璧にマッチしたものといえる。FIAフォーミュラEへのワークスチームとしての参戦は、来年2017年から開始される予定。

Lucas di Grassi ABT Schaeffler FE02, Lucas di Grassi
このレースは、未来に向けてもっとも大きな可能性を持ったレースシリーズと期待され、アウディは、現行の2016/2017シーズンから、チームABTシェフラー アウディスポーツとのこれまでの協力関係を強化している。アウディのワークスチームとしてのフル参戦に向けて、現在技術開発にも積極的に参加している。

Red Bull Audi RS 5 DTM #72 (Audi Sport Team Abt Sportsline), RenÈ Rast Castrol EDGE Audi RS 5 DTM #48 (Audi Sport Team Abt Sportsline), Edoardo Mortara
一方で、DTMへの取り組みは、これまで通り継続されます。2017年シーズンは、Audi RS 5 DTMの後継モデルで参戦する予定。

2016 FIA World RX Rallycross Championship,  Buxtehude, Germany 2016 FIA World RX Rallycross Championship,  Buxtehude, Germany
FIA世界ラリークロス選手権(World RX)への参戦については、最終的な結論がまだ出ていない。現在行われている2016年シーズンは、DTMのワークスドライバー、マティアス エクストロームがAudi S1 EKS RX quattroをドライブし、見事チャンピオンのタイトルを獲得した。

2016 FIA World RX Rallycross Championship, Buxtehude, Germany
今日までアウディとしての参画は、プライベートのEKSチームを支援するだけに留まっている。アウディは現在、この支援体制を継続するかについて検討中だが、ラリークロス レーシングについても、現在電動化が主要な議題として上がっている。

Audi Sport Audi Sport
アウディがFIA世界耐久選手権(WEC)から撤退することは、成功の時代の終焉を意味している。18年間に渡り、アウディはル・マン プロトタイプ レーシングで、積極的に耐久レースに参加してきた。その間アウディは、ル・マン24時間レースで13度の勝利を挙げた。2001年にTFSIエンジンでの最初の勝利を挙げ、2006年にはTDIエンジンを搭載したレースカーでル・マン史上初の優勝。2012年にはハイブリッドのパワートレインを用いたスポーツカーで最初の優勝を成し遂げた。

Audi Sport
アウディのル・マン プロトタイプは、参戦した185のレースにおいて、合計106回の優勝、80回のポールポジション、94回のファステストラップを記録している。ハイブリッドのドライブシステムを用いたAudi R18 e-tron quattroは、2度にわたってFIA世界耐久選手権(WEC)のタイトルを獲得。アウディは、2000年から2008年にかけて9年連続で、その当時ル・マン プロトタイプによる世界でもっとも重要なレースシリーズであったアメリカン ル・マン シリーズ(ALMS)のタイトルを獲得し続けた。

Audi Sport
「18年間にわたってアウディに大きな成功をもたらしたプロトタイプレースを離れることは、もちろん非常に辛いことです」と、アウディ モータースポーツ責任者Dr. ウォルフガング ウルリッヒは語った。

■アウディ 公式サイト
http://www.audi.co.jp