ジャガー・ランドローバーは、HORIBA MIRA社で実施されたUK Autodriveのデモンストレーションの一環として、最新のコネクテッド自動運転車両(CAV:Connected and Autonomous Vehicle)技術を披露した。ジャガー・ランドローバーはフォードおよびタタ・モーターズ欧州技術センターと協力し、車両間および車両と信号機をはじめとする道路インフラとの通信を可能にするコネクテッド技術を、英国で初めてテストした。
コネクテッド自動運転車両技術は、ジャガー・ランドローバーの重要プロジェクトのひとつとし、今後4年間で同分野の開発およびテストを幅広く行い、100台を超える研究用車両を製造する。

ジャガー・ランドローバーの研究主任であるトニー・ハーパーは、「世界で展開されている未来の車両に関するこうした技術は、大きな可能性を秘めています。これまで当社は、ジャガーおよびランドローバー車両間のコミュニケーションに重点を置いておりましたが、今回の試みは、将来的にすべてのコネクテッド自動運転車両が相互連携できるようになるための、大いなる足掛かりとなるでしょう。当社では、ドライバーに対して、適切なタイミングで適切な情報を正確に提供することを目指しており、他メーカーとの提携はこの目標を実現する上で不可欠なものです。」と語った。

Advanced Highway Assist(先進道路走行アシスト)

ドライバーがステアリングやペダルの操作をせずに、車両は道路の車線に沿って走行し、自動で追い越しが可能。

Electronic Emergency Brake Light Assist(電子緊急ブレーキ・ライト・アシスト)

前を走行する車両が急に、または予想外のタイミングでブレーキをかけた際、ドライバーに警告。濃霧の中での運転や、前方の車両が見えない場合に特に役立つ。

Green Light Optimal Speed Advisory(青信号最適速度アドバイザリー)

車両が信号機と接続し、青信号で通過できるための最適な走行速度をドライバーに助言。交通の流れやCO₂排出量、さらにはドライビング・エクスペリエンスも向上。渋滞の多いロンドン中心部やパリを走行中、すべての信号が青で通過できることをイメージしている。

■ジャガー 公式サイト
http://www.jaguar.co.jp/index.html
■ランドローバー 公式サイト
http://www.landrover.co.jp/index.html