BMW
ビー・エム・ダブリュー(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、本年5月より販売を開始した「新型BMW M2 クーペ」に、6速マニュアル・トランスミッション車を追加し、注文の受付を開始すると発表した。納車は、2017年1月から予定。

BMW M社が開発した新型BMW M2クーペは、1985年に登場し高性能スポーツ・カーのベンチマークを確立した「初代BMW M3」と、1973年に誕生した「BMW 2002ターボ」の伝統を引き継ぐ、最もコンパクトなBMW Mモデル。 新型BMW M2クーペは、コンパクトなボディに、新開発の直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、セグメント唯一の後輪駆動コンセプトと約50:50の前後重量配分により、俊敏なハンドリングとロード・ホールディング性能を提供。
今回、新型BMW M2クーペの6速マニュアル・トランスミッション車は、シフト・ダウン時に自動的に回転数を上げ、スムーズなシフト・チェンジを可能にするスロットル・ブリッピング機能を採用。カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)製のフリクション・ライニングを採用し、軽量化を実現した。

BMW
新型BMW M2 クーペ(6速MT)の希望小売価格(消費税込み)は、7,680,000円。

■BMW Japan 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/ja/index.html