トヨタの新型水素燃料電池バス、2017年から東京都内で運行開始
"排ガスゼロ"に向けた取り組みにおいて、燃料電池と大型車両は夢の組み合わせであるとトヨタは考えているようだ。同社は2015年から既に、水素燃料電池自動車(FCV)「FCバス」の走行実証を始めており、同様のシステムを搭載したセミトラックの開発にも意欲を見せている。子会社である日野自動車との共同プロジェクトにより誕生したFCバスは、2017年にトヨタ・ブランドとして販売される予定だ。ヘッドライトにはトヨタのトレードマークであるブーメラン型デザインが採用されている。

トヨタの乗用車と共有するのはそれだけではない。パワートレインは、トヨタが「MIRAI」向けに開発したシステム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用。最高出力9kWかつ供給電力量235kWhの外部電源供給システムも備えている。災害などの非常時には重宝されるに違いない。トヨタによると、水素を満タンに充填したFCバスが1台あれば、学校体育館等の避難所に家電の電源として電力を供給することが可能だとしている。

2020年の東京オリンピック開催に向け日本政府は現在、水素社会を実現させるべく尽力しており、FCVの普及はそうした取り組みの1つで、東京都では2020年までに6,000台の導入を目指しているという。2017年初めには「トヨタFCバス」2台が東京都交通局の運行する路線バスとして走行を開始する。2020年開催の五輪までに100台以上のトヨタFCバスが東京都を中心に導入される予定だ。トヨタでは2018年から新型バスの導入拡大を目指し、現在鋭意開発を続けているところだという。従来型が8本の高圧水素タンクを搭載していたのに対し、この新型では10本に増えている。それだけ航続距離が伸びているはずだ。


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー