オーストラリアにたった1台しかない新型ホンダ「NSX」をカジノに搬入!
Related Gallery:NSX

メルボルンの「クラウン・カジノ」へようこそ!
きらびやかで魅惑的なカジノ。この場所はお金をたくさん持っている人々を引き付けるが、その一方で、お金持ちにはおのずと高価な品々が集まってくる。オーストラリアのメルボルンにある「クラウン・カジノ」に、新型ホンダ「NSX」が展示のため持ち運ばれたのも納得だ。

このクルマは価格が高いというだけではなく、現在オーストラリアにあるたった1台の、レアなNSXだ。同地では12月1日に発売される予定で、今後は多くのNSXがオーストラリアに届けられるだろうが、今のところ、この国にあるNSXはこの1台だけとなる。そういうこともあり、カジノに同車を搬入するスタッフたちのプレッシャーは普段よりも大きく、フォード「フィエスタ」をショッピングモール内で走らせるよりも難しい。

いざ搬入開始

搬入は、カジノにあるいくつかのエントランスのうちの1つから行われ、今月15日(土)早朝の5時半から6時の間に始まった。

最初の第一歩

クルマが到着すると、ドライバーはモーターの駆動力のみでゆっくりと進み、エントランスからカジノのある建物に入っていく。

朝食はいかが?

いきなり最大の難所であるフードコートが行く手を阻む。

まるで狭いドライブスルーのよう

右手にはレジカウンターが...。

ホントに狭い!

そして左手には、ピカピカに磨かれた巨大な柱。

実に嫌な、鋭い曲がり角が

曲がり角は大変だったに違いない。特に石が鋭く突き出して塗装を駄目にしようと待ち構えているような場合はなおさらだ。

仲間のスタッフの助けを借りて突き進んでいく

NSXの幅広なサイドミラーを折りたたみ、大勢の補助係がクルマの誘導を行っているのは良い判断だ。

ようやくラストスパートに

フードコートを抜け、ブティックの並ぶエリアに。広い通路のお陰でここからは簡単だ。

無事、展示スペースに到着!

そして、ついにNSXがカジノへと続く巨大な階段下の最終目的地に到着した。ハンドルを何度か切り返して展示スペースに寄せる。この新型NSXは今月30日まで展示される予定だ。


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー