中国LeEco社の自動運転電気自動車「LeSee Pro」が、映画『トランスフォーマー』次回作に出演決定!
Related Gallery:LeEco LeSEE Electric Car

中国のLeEco社が発表した自動運転電気自動車「LeSEE」には秘密があった。バンブルビーやディセプティコン・ワイプアウトと同じく、LeSEEはトランスフォーマーだったのだ。厳密に言えば、「LeSEE Pro」と名付けられたその最新コンセプト・モデルが、マイケル・ベイ監督の映画『トランスフォーマー』シリーズの新作に登場することになった。19日に同車の『トランスフォーマー』出演が発表されたが、 滑らかなボディを持つがこのEVが、どんなキャラクターを演じるのかはまだ分かっていない。知覚を持った金属生命体をめぐるこの難解なシリーズ映画が中国で大ヒットしたことを考えれば、このタイアップは自然な流れと言えるだろう。

LeEco社は10月19日(米国時間)にサンフランシスコでスマートフォン、テレビ、電動バイクなどの新製品を発表した際、LeSEE Proがこの映画に登場する事実も明らかにした。会場に実車は諸事情により現れなかったが、LeEco社の自動車部門SEE Planの共同経営者兼副会長である丁磊(ディン・レイ)氏によると、同車には(標準的なSAE J1772規格ではなく)独自の磁気充電システムが採用され、折り畳み式のステアリングや外部デジタル・ディスプレイ(自動運転中であることや同車のカーシェアが可能かどうかを知らせるプロジェクションライト)などを装備するという。

LeEco社はすでにアストンマーティンとの提携を発表し、18億ドル(約1,870億円)を投じて中国に電気自動車の生産工場を建設している。同社が初めてLeSEEを公開したのは今年4月のことだった。さらに丁氏は、出資先のファラデーフューチャーが来年1月に開催されるCES(国際家電ショー)にて新車を発表するとも予告している。



By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー