MAZDA DESIGN ELEGANCE
東京ミッドタウンで10月14日から開催中の「TOKYO MIDTOWN DESIGN TOUCH 2016」にマツダは、5年連続で出展し開発者のトークセッションも開催する。

Related Gallery:MAZDA DESIGN ELEGANCE
MAZDA DESIGN ELEGANCE MAZDA DESIGN ELEGANCE
今年のテーマは「MAZDA DESIGN ELEGANCE」。1969年に登場した「ルーチェロータリークーペ」、そして今秋日本で予約販売開始予定のマツダ ロードスター RFの北米仕様モデル「MX-5 RF(日本名:ロードスター RF)」の2台を展示。ともに、流麗なクーペデザインを追い求めた作品。さらに、視覚だけでなく、感性に訴えかけるブランド体験を提供するため、株式会社資生堂とともに開発した、マツダのデザインテーマ"魂動(こどう)"の世界観を表現したフレグランス「SOUL of MOTION」も出展している。「MX-5 RF(日本名:ロードスターRF)」は車両への乗り込みや、ルーフ開閉を体感する事が出来、展示のみならず、開発者によるトークセッションを実施する。

MAZDA DESIGN ELEGANCE MAZDA DESIGN ELEGANCE
○取材日は、MX-5 RF(ロードスターRF)の主査でありデザイナー 中山雅氏が、RFのデザインポイントを熱く語ってくれた。

■日程:10月14日(金)~23日(日)
■場所:東京ミッドタウン プラザ1F キャノピー・スクエア
 (東京都港区赤坂9丁目7-1)
■開発者トークセッション
 テーマ: マツダデザインの歴史、デザイナーとエンジニアの共創
 実施日: 22日(土)、23日 (日) 各日2回実施  13時~/16時~

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp