MAZDA DEMIO
 マツダは、「マツダ デミオ」の商品改良車、特別仕様車「Tailored Brown(テーラード・ブラウン)」を11月17日より販売を予定し予約開始した。

MAZDA DEMIO MAZDA DEMIO
 『デミオ』は、"車の価値はボディサイズに比例する"という既成概念を打ち破ることを目指し、2014年に当時のマツダが持つ最新の技術を全面的に採用して発売された。今回の商品改良においても、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾「G-Vectoring Control」、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フルカラー)」、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト」など、「人間中心の開発哲学」の考えを基に開発されたマツダの最新技術を「SKYACTIV-G 1.3」搭載車、「SKYACTIV-D 1.5」搭載車に凝縮させた。

MAZDA DEMIO MAZDA DEMIO
 デザインは、内装の意匠を大幅に変更し、「色」の使い方と仕立ての良さに徹底的にこだわったコーディネートへと深化させた。先鋭的な世界観を継続的に提案する特別仕様車第四弾として、やわらかく上質なアート空間を表現した「Tailored Brown」を新たに設定した。

Related Gallery:MAZDA DEMIO
人馬一体感をより上質に深化 「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾「G-Vectoring Control」を全車に標準装備、ディーゼルエンジンの不快な音がする周波数帯に着目し、燃料噴射タイミングを0.1ミリ秒単位で制御し、ノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を「SKYACTIV-D 1.5」搭載車に標準装備。従来から搭載されている「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と相まって、心地よいエンジンサウンドを残しながら、不快音の抑制を実現。

MAZDA DEMIO
「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」の表示画面は、上部に走行環境情報を、下部に車両情報を集約・区分。フルカラー・高輝度・高精細・高コントラスト化を実現し、視認性を大幅に向上。

MAZDA DEMIO MAZDA DEMIO
エクステリアデザインは、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元に両立し、リアルな金属質感を実現した「マシーングレープレミアムメタリック」、味わい深い色味でエレガントさと上質さを際だたせた新色「ディープクリムゾンマイカ」の他、「エターナルブルーマイカ」、「ソニックシルバーメタリック」を新設定。(全11色)

MAZDA DEMIO
インテリアは、「13S Touring L Package」、「XD Touring L Package」の白革内装をオフホワイトからピュアホワイトに変更と共にコーディネートを一新。各所に赤と、サテンクロームとピアノブラックを組み合わせた加飾を施し、細部に至るまで上質さを追求。

MAZDA DEMIO
「13S Touring L Package」、「XD Touring L Package」に黒革内装を新設定。精悍なブラックに深みのあるディープレッドのアクセントを加え、シート座面に手触りのよいグランリュクス(スエード調人工皮革)素材を採用。

MAZDA DEMIO
「13S Touring」、「XD Touring」は、モノトーンでフォーマルさとスポーティさをクールに表現した黒布内装を採用。
「13S」、「XD」はインテリア全体をブラックで統一し、インパネ、コンソール、ドアには千鳥格子パターンのグロスブラックのデコレーションパネルを採用し、室内に深みをもたせ、遊び心を表現した。

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp