【ビデオ】中国で検問する警官をボンネットに乗せたまま猛スピードで逃走!
今月5日、中国の交通警官が検問を突破して猛スピードで逃げるクルマのボンネットに必死にしがみつき、命からがら生還したという事件が起きた。

英国の『The Sun』紙によれば、江蘇省北西部の中心都市である徐州の警官が検問を実施中、暗い色の不審なセダンが停止した。警官が近づいたところ、クルマを運転していた人物は検問を突破して、とっさにワイパーを握りしめた気の毒な警官をボンネットに乗せたまま、猛スピードで逃走を図った。

クルマは100㎞/hに達しようかという速度で市街地を走り抜け、前方や対向車線のクルマをよけながら、明らかに警官を振るい落とそうとして高速で右折や左折を行った。逃走車の車載カメラがとらえた映像には、岩場にしっかりとへばりつく貝のようにボンネットにしがみついた警官が、運転手に向かって車を止めるよう大声で命じる様子が映っている。このドライバーは2㎞ほど逃走したのち、クルマを路肩に寄せて停止した。ボンネットから降りるときの警官は、恐怖、苦痛、不信感、ショック、非難の入り混じった、何とも言えない表情をしている。幸運にも打撲程度で済んだため、署に戻った際に同僚の警官に話して聞かせる良いネタになっただろう。運転していた人物の身元は不明だが、明らかに酔っていたため現行犯で逮捕されている。




By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー