NISSAN SERENA

■ドライバーますますやることなくなっちゃうんじゃ??
NISSAN SERENA
 Oh嘆かわしや! 世のクルマ好きオヤジ諸君! 本当にこれでいいんでしょうか? ただでさえクルマ好きの肩身が狭い現代ニッポン。本当にこんなクルマが大手を振って出ていいのかと。不肖小沢、ますます悩みと白髪が増えそうになっちゃいましたぜ!

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 それは6年ぶりに生まれ変わったファミリー向け箱型ミニバン、5代目日産セレナです。今回プラットフォームやらエンジンやら型式的にはキャリーオーバーってことになってるけど、中身はほとんど一新で凄いのはもちろん、キモは日産初の半自動運転技術、プロパイロットですよ。例の矢沢永吉CMでも有名で、聞けば装着率7割だそうで、評判は上々!

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 具体的なハイライトはシンプルな単眼カメラとモービルアイ製の専用ECUで制御する自動追従&レーンキープ機能で、自動運転界でいう「レベル2」に相当してて面白いっちゃ面白いんだけど、これが本当に上手く作動しちゃうと俺たちゃはますます"運転手"どころか最後の運転確認者!? ってことになりかねない。運転中やることと言えばせいぜいアクビをすることと鼻毛を抜くこと。ドライバーとしての存在意義であり、重要性がますます落ちちゃいそうですけど、それで本当にい〜んですか? というハナシですよ。

■意外とまだまだ...ほっとひと安心とはいえ
 ってなわけでまずはプロパイロットの感想から行きますと、ぶっちゃけひと安心。全然イメージ通りの"自動運転"ではありませんでした。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 使い方はとにかく簡単で、基本2アクション。ステアリング右の青い「PILOT」ボタンを押してモニターに「セーフティ・シールドが支援モードになりました」と表示されたら、後は隣の「SET」ボタンを押すだけ。後に車速を上げたければその上の「+」ボタンを押す。

NISSAN SERENA
 すると状況を読んでプロパイロットのモードに入ります。これは高速道路での使用が推奨されてて、「SET」ボタンを押した時に、前にクルマがいれば車間だいたい3〜4〜5台分で追従走行。クルマがいなければその時点での車速をキープ。ステアリングが勝手に切れる自動レーンキープの機能も白線を認識後、ステアリングホイールに手を載せている限り効きます。逆に両手放しすると、5秒ぐらいで警告されて、さらに5秒ぐらいでレーンキープ機能が解除されるって具合。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 ところがこれが案外大したことないんです。もちろん田舎のガラ空きの高速みたいなところでは、ステアリングに手をのせて力をかけているだけでその状態で延々と走ります。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 でも首都高に入ってキツ目のカーブを曲がるとすぐモードは解除されるし、高速のランプウェイも曲がりきれない。高速を降りた街中も太い2車線国道ぐらいなら行けますが、細めの道は全然ダメ。プロパイロットのモードに入ってもすぐキャンセル。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 その上比較的使える高速でもゆっくり走ってる時は気にならないけど、混んでくると車間の空き具合が目立っちゃって間にクルマに入られるし、そもそも前のクルマのスピードの増減になかなか付いて行けない。ガーッとスピードアップされると置いてかれるし、車間が空きすぎた後に前が詰まると、今度はブレーキを踏む必要が出てきたりするっていう。なんだコレ? 本当に"自動運転技術"って呼んでいいの? ってレベルなんです。

NISSAN SERENA
 心の底からいい! 使える! って言いきれるのは時速30km以下ぐらいのトロトロ渋滞追従ぐらいのもので、余裕でステアリングも切れるし、車間もキープ。今回はほぼ試せませんでしたが時速10km以下ならば、両手を離してもOKってハナシです。
 でもハッキリしたメリットは正直それくらい。もちろん無いより付いてる方がラクですが、"自動運転技術"っていうより、やっぱり"良く出来た運転支援システム"どまり。大して未来は見えてきた気がしませんでしたねぇ。

Related Gallery:NISSAN SERENA
■ターゲットはキラキラママだとぅ?
NISSAN SERENA
 それより全然良かったのはセレナそのものの出来であり、基本性能の高さ。プラットフォームは基本キャリーオーバーってことになってますけど全然テイスト違います。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 まず当たり前だけどデザインはどハデ。明らかに中国でもウケそうV字顔で、最大のライバル、トヨタノア&ヴォクシー&エスクァイアより気は強そう。もしや箱型ミニバンは今後自己主張の時代に入るのかも?

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 さらにインテリアの質感が高い! 元々そ評価の高かったセレナですが、ますます上がっててグレードにもよるでしょうが、インパネのドライバーに近い位置には本革テイストの人工皮革を使ってます。聞けば「GT-Rにも使ってる」マテリアルだとか。

NISSAN SERENA
 運転席回り助手席も明らかに変わってて、開放感があり! 分かり易く進化しているのは細くなって3角窓が付いたフロントピラーで死角は減ってるし、インパネもメーターが横長になって下方向が開けてます。また頭上の距離もかなりあって、広々感倍増。マメにイジられてます。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 ミニバンの根本とも言うべき広さであり、シートの使い易さですが、2列目が前後左右に動いて、ロングスライドするのはもちろん、今回から3列目シートにも前後スライドを付けて、1列目、2列目、3列目に身長176cmの小沢がヒザを組んだまま座れる室内スペースを作り出すことが可能。もちろんその分荷室は狭くなっちゃいますけど。

NISSAN SERENA
 さらにシートそのものもクッションが増してて明らかに乗り心地、座り心地がいい。特に顕著なのは3列目の良さで、明らかに7〜8人全員に対するホスピタリティを上げてきてます。唯一厳しいのは、タテ模様の生地を貼ったシート座面が滑りやすいところぐらいでしょうか。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 そのほか特筆すべきディテールがあって、1列目左右、2列目左右、3列目左右に全席USB入力が付けられるし、3列目から動かせるスライドドア電動スイッチを付けたのは英断。ああ! この手があったか、の便利さです。他社もパクってくるでしょうこの機能は。

■明らかに上質化した走り
NISSAN SERENA
 それから最後になっちゃったけど走りの上質さにビックリです。まずはアクセルを踏むなり、しっとりとした乗り心地に全然違うじゃん! と思うと同時にステアリングが軽い!! この当たりは好きずきが分かれそうですが、しかも軽い中にも手応えあり。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 一方、パワートレインは日産独自のマイルドハイブリッドこと「S-ハイブリッド」付きの2L直4ですけど、エンジン型式こそ変わってないけど中身は新作。150psに上がったパワーもさることながら、モード燃費も2km/L近く上がって17.2km/Lに。しかも先日コイツで群馬往復したらメーター計測実燃費ほぼ15km/L達成! 十分優秀でしょう。
 発売後1ヵ月で受注2万台だそうで、これでトヨタの箱型ミニバン3兄弟と競い合うこと間違いナシです。

NISSAN SERENA NISSAN SERENA
 開発陣曰く、「今回狙ったのはキラキラママ」だそうで、要するに家族や祖父母だけでなく、友達を大切にするいまどきのママ。それが今のファミリー層の密かなトレンドだとか。
 正直、プロパイロットの出来には嬉しくも拍子抜けでしたが、ミニバンとしての出来が分かり易く進化している新型セレナ。しばらくはトヨタとガチンコで競い合って日本で売れそうですなぁ。

■日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp