2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
トライアンフモーターサイクルズジャパンは2016年10月13日、ニューモデル『ボンネビルT100』および『ボンネビルT100ブラック』、『ストリートカップ』のメディア向け国内発表会をシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにて開催した。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
これら新機種は10月上旬にドイツ・ケルンにておこなわれたインターモト(ケルンショー)で発表されたばかりで、日本での公開はこれが初めて。同社の野田一夫 代表取締役社長は、「ボンネビルT100は販売の中核を担う最重要モデル」「ストリートカップはスポーティなビジュアル、走りが魅力です」と力を込め、報道陣に紹介した。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
ボンネビルT100/ブラックは、性能のみならずデザイン性も追求した水冷900ccSOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載する新たなスタンダードモデル。スタイリングは伝説の1959年式ボンネビルにインスパイアされたもので、当時のフォルムや強烈な個性を継承している。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
野田氏は言う。「本物を知っている人、そしてスタイリッシュな女性にも乗っていただきたい。ペイントもクロームメッキにも高級感があり、歴史を感じるモデルです。じつはトライアンフ社のオーナーが旧いモデルを探し出して購入し、デザインチームにこれを研究してつくりなさいと言って今回の完成に至りました」

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
専用設計された車体は、乗り手を選ばないハンドリング性能を実現。790mmという低いシート高と肉厚のクッションによる抜群の足着きと快適性を実現した。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
容量14Lの燃料タンクには、上質なブラシ仕上げのアルミ製カバーとボルト式のクラシカルなエンブレムバッチを装着。これはボンネビルT100/ブラックだけのものだ。
フェンダーやハンドルバー、ヘッドライトベゼルやミラーには深みのあるクロームが施され、高級感あふれる仕上がり。野田氏は「オリジナルを昇華させ、美しく進化したスタイリング」と説明する。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
ピーシューターサイレンサーは専用設計。ピーシューターとは豆鉄砲のこと。左右2本出しのマフラーはシンメトリーで、これもまたトライアンフのパラレルツインらしさを感じるポイント。
水冷エンジンでありながらも、直立するシリンダーには美しい冷却フィンが刻まれ、ルックスにもこだわりを感じる。もちろん吸気系はフューエルインジェクション式だが、外観上はまるでキャブレターそのものだ。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
ボンネビルT100ブラックはホイールリムをはじめ各部を黒で統一。ツインマフラーもマットブラックで仕上げられ、エンジンカバーもブラックにしている。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
車体価格は先代の空冷モデル(T100)では税込み131万円としていたが、12%マイナスの115万500円(BONNEVILLE T100Black ジェットブラック)と大幅ダウン。マーケットを刺激する戦略的価格を打ち出した。なお、BONNEVILLE T100Blackのマットブラックは117万2500円、BONNEVILLE T100(ツインカラー)は118万9380円となる。

Related Gallery:2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
ストリートカップはクラブレーシングシーンからインスピレーションを受けたアーバンスポーツ。ボディカラーとコーディネイトされたフライスクリーンやシートカウル、アルカンターラ素材のブレットシートを備え、ストリートレーサールックに仕立てた。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
エンジンは『ストリートツイン』から受け継ぐ900ccボンネビルエンジン。SOHC4バルブ水冷パラレルツインは先代の空冷モデルに比べ18%の出力アップを果たし、最大トルク80Nm/3200rpmを発揮する。270度クランクのフィーリングやブリティッシュツインならではのエキゾーストサウンドにこだわっているのは、ボンネビルT100/ブラックと同じだ。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
バーエンドに鍛造アームを介してミラーをマウントするAceスタイルドロップハンドルと、スラクストンR譲りのフットペグによって、前傾姿勢となるアグレシッブなライディングポジションを形成。シート高は780mmとより低く設定され、トライアンフモーターサイクルズジャパンの野田社長は「足着き性を考慮したエルゴノミクスの進化によって足着き性が向上し、誰にでも扱いやすいモデル」と、乗り手の体格を選ばないことも同車の魅力だと言う。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
フロントブレーキにはニッシン製の2ピストンスライディングキャリパーが新採用され、310mm径フローティングディスクをセット。ボンネビルT100同様にABS付きで、介入のさりげなさや見た目のコンパクトさには定評がある。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
メーター画面からアクセスできる切替式トラクションコントロール、シート下のUSB充電ソケット、レバー操作を飛躍的に軽くするトルクアシストといった装備もボンネビルT100と同じ。クラッチレバーの握り心地は驚くほど軽く、ストップ&ゴーを繰り返す市街地走行が多いここ日本では特にありがたい。

2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup 2017 Triumphmotorcycles T100 & Street Cup
車体価格は税込み119万9500円、車体色はレーシングイエロー×シルバーアイス、ジェットブラック×シルバーアイスの2色を設定。

ボンネビルT100&ボンネビルT100ブラックは2016年10月末に、ストリートカップは11月末に発売を開始する。

■Introducing the All New Bonneville T100 and T100 Black


■Introducing the All New 2016 Street Cup


■トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン 公式サイト
http://www.triumphmotorcycles.jp/