ランドローバー、英国ソーリハル工場でレストア見学やオフロード走行体験を提供
Related Gallery:Jaguar Land Rover Classic

ジャガー・ランドローバーのクラシック部門は、「ランドローバー シリーズⅠ」のレストア工程を一般の顧客に公開。29ポンド(約3,700円)と英国までの旅費を払えば、技術者の手によってランドローバーのクラシックカーに命が吹き込まれていく姿を目にする。

レンジローバー」及び「レンジローバー・スポーツ」が製造されている英国ソーリハル工場の見学ツアーは、まずゲストに軽食が振る舞われる。その後、ツアーガイドによる「ディフェンダー」やその製造方法についての歴史を聞きながら、様々な修復工程を見学。修復されたシリーズⅠを手に入れたいと思う人には、修復用のクルマを選ぶ機会が用意され、そのクルマは工場で1948年仕様に完全にレストアされる。色は「ライトグリーン」「ブロンズグリーン」「RAF(英国空軍)ブルー」「ドーブグレー」「ポピーレッド」という5種類のクラシック・カラーから選択可能だ。

伝統的な英国スタイルの四輪駆動車を購入する資金がなくても、このジャガー・ランドローバー・クラシック部門では自分で運転してみることができる。下にご紹介するビデオの1分あたりから見られるように、150ポンド(約1万9,000円)を支払えば、施設内のコースでディフェンダーのオフロード走行を実際に体験できるのだ。安全運転を望む場合には、熟練のインストラクターに付き添ってもらうことも可能だ。決して安い金額とはいえないが、ランドローバーの所有やメンテナンスに掛かる伝説的な維持費に比べると、お手頃な金額と言えるだろう。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー