【ビデオ】「メルセデスAMG C 63 R クーペ」と思われるクルマがニュルブルクリンクを疾走!
BMWが「M4 GTS」を発表した頃、アファルターバッハの冷静沈着なエンジニアたちは「AMG C 63 S クーペ」の改良に乗り出していた。そして作られたのが、このクルマだ。

メルセデスAMG GT R」と同様に「メルセデスAMG C 63 R」という車名になると思われるこのモデルは、かつて「ブラックシリーズ」と呼ばれたメルセデスAMGのトップ・レンジに加わるだろう。文末にご紹介する動画では、ニュルブルクリンクを異常な速度で駆け抜ける姿を見ることができる。ご覧の通り、最大の外観的な特徴はGT Rから譲り受けたような巨大なリアウィングである。

不思議なことに、このウイングが装着されているトランクリッドはグロスブラックで塗られている。ひょっとしたら、いくつか異なる形状のウイングを取り付けたトランクリッドが用意されており、複数のテスト用車両でその部分を交換しながらテストを繰り返しているのかもしれない。あるいは、この部分が軽量化のためにカーボンファイバー製となるのだろうかとも考えたが、トランクリッドだけがカーボンファイバーというのも、メルセデスAMGの仕事としては粗すぎる。ボディ・バネルにカーボンファイバーを使うのであれば、ルーフやフードもカーボンになるのではないかと思うのだ。



ボンネットの下には、4.0リッターV8ツインターボのさらにパワフルなバージョンが搭載されているはずだ。AMG GT Rと同じ585psにまで引き上げられることはないだろうが、C 63 Sの510psは大幅に超えてくるだろう。映像の轟音を聞く限り、エキゾーストもより抜けの良いものに改良されていると思われる。パワーアップしたこのC 63クーペがいつ頃デビューするのか、確実に言い当てるにはまだ時期尚早だが、敢えて賭けるなら、やはり来年3月のジュネーブ・モーターショーが堅いのではないだろうか。




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー