Honda
ホンダは、直列2気筒745ccエンジンを搭載する大型二輪教習車「NC750L(教習車仕様)」の一部仕様を変更し、全国の自動車教習所を対象に10月11日に発売した。

 NC750L(教習車仕様)は、教習時に頻繁に使用する極低速域での操作性と低・中速域での扱いやすさを追求した、力強いトルク特性の直列2気筒745ccエンジンを搭載。教習指導員が見やすい表示ランプ類や、転倒時における車両の破損や損傷を軽減させるバンパー類など、二輪教習に適した特殊装備を付加した自動車教習所専用モデル。
 今回、扱いやすさのさらなる向上を図るためにクラッチレバーの形状を変更し、クラッチ断続操作時における操作フィーリングを高め、操作レシオを変更し操作荷重を低減。フレーム側のバンパー取り付け部の形状を変更し、保守整備時における整備性をより高めたほか、イグニッションキーには剛性の高いウェーブキーを新たに採用、教習生と教習指導員双方の立場から求められる使い勝手や耐久性、整備性に配慮している。カラーリングは夜間の教習時にも車両の挙動を確認しやすいパールサンビームホワイト1色を設定。
国内年間販売計画台数は、500合、希望小売価格(消費税込み)は、829,000円。

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp