DHL、自社開発したEVバン「ストリートスクーター」の販売に向け意欲
自動車メーカーも企業も温室効果ガスの排出と大気汚染を軽減するために電気自動車(EV)の導入を促進している。2011年、DHLのグローバル・フォワーディング部門は配送における効率を改善するため、米国環境保護庁(EPA)のスマート・ウェイ・トランスポート・パートナーシップに参加。同社は2013年に独自のEVバンを製作するなどして、かなり真剣に効率改善を推し進めている。そして、今度はそのEVバンを他社に販売しようと考えているようだ。

DHLの「ストリートスクーター」は最大航続距離75マイル(約120km)のEVバンだ。DHLによると、配達車両の収容能力、サイズ、航続距離など、同社の運送に関するニーズに対応しているという。2013年、DHLは50台のストリートスクーターを製作し、そのうちの30台はドイツで配達車両として使われ、残りの20台はパイロットプロジェクトの一環として使用されている。

EVバン自体は画期的なものではないが、そのEVを販売しようというDHLの計画は革新的だ。自動車メディア『Automotive News Europe』によると、このプロジェクトはDHLが従来型のフォルクスワーゲンの配達用バンから乗り換える方法として開始された。そして同社は現在、自動車メーカーに直接対抗してストリートスクーターを販売することを視野に入れている。

同サイトによると、自動車メーカーはEVバンの少量生産を求めたDHLの要請を断ったという。自動車メーカーが限られた数のEV配達車両を製作する必要性を感じていないため、もしDHLがストリートスクーターを自身で販売した場合、同社はその市場の一角を担うことになるだろう。

DHLと違い、他の運送会社は配達車両に関して他社や自動車メーカーに目を向けている。たとえば米国郵便公社(USPS)は未来のエコな運送トラックのために、現在多くの企業から入札を受け付けている。DHLはストリートスクーターを発表する前にはルノーと提携し、「カングーZ.E.」とコンパクトEV「ZOE」を導入していた。この自社開発EVバンの運用プロジェクトは当初、今年までに約141台のストリートスクーターを導入することが想定されていた。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー