【CEATEC JAPAN 2016】どのロボが魅力的!? トヨタが作ったロボット「キロボ・ミニ」と仲間たち!!
トヨタ は、東京モーターショー2015で世界初公開し、今年の冬から東京都と愛知県で先行発売される予定の 「KIROBO MINI(キロボ・ミニ)」 をCEATEC2016に出展した。

本体価格は39,800円(税抜)に加え、月額300円程度のアプリ代のみと手ごろで、トヨタ・ユーザーだけではなくても欲しがる人たちは多いに違いない。(キロボ・ミニの詳細はこちら。) ちなみに、キロボ・ミニは会話がメインで、立ち上がったり、歩いたりはしない。

トヨタが作った市販ロボットだけに、会場では、実際に手に触れて体験できるブースが設けられ長蛇の列ができていた。

Related Gallery:2016 Ceatec Japan Toyota


CEATEC2016には、2015年10月に登場したシャープの携帯電話 RoBoHoN(ロボホン)も出展されていた。

こちらは電話がベースなだけに、通話やメール、撮影、検索などスマホ機能搭載され、さらにプロジェクター機能が付き、そして立ち上がったり、踊ったりする。


価格は、213,840円(税込)で、その他に月々のプランの支払いがかかる。

プロモーション用の動画を見ると非常に魅力的で欲しくなるが、この価格だけに、そう簡単に手が出ないようで、筆者は街中で使っている人を見かけたことはない。


また、会場内のタカラトミーのブースでは、Robi jr(ロビ・ジュニア)を発見。こちらは15,000円(税抜)とご紹介した中で最安値。

Robi(ロビ)は、デアゴスティーニ・ジャパンが創刊した初心者向けのロボット組み立てマガジン週刊「ロビ」を全70号で組み立てて完成できるロボット。

そして、ロビ・ジュニアは、2015年2月に発売されたモデルで、約1,000のフレーズのことばを話し、時計カレンダー機能に加え、首や手足が動くという子供向けのオムニロボットだ。

ロボット素人である筆者にとって、皆なんとなく似ているように見えたが、それもそのはず、今回紹介したロボットたちはすべて、ロボットクリエーターの高橋智隆氏と共同開発されたものなのだ。

さて、どのロボットが良いのだろうか。トヨタ車やトヨタホームとのリンクができるので、オーナーであればキロボ・ミニがおススメだが、他のユーザーは予算と機能でどのモデルを選ぶか迷うところ。

バリエーションが豊富になってきて、価格もこなれてきたので、未導入の読者はそろそろロボットとの生活を考えてみてはどうだろうか。

キロボ・ミニ 公式サイト
http://toyota.jp/kirobo_mini/


【TOYOTA】KIROBO mini (キロボミニ) CONCEPT MOVIE
RoBoHoN(ロボホン)プロモーションムービー ロビジュニアとあそぼう