スウェーデンのトラック・メーカー、スカニアが実にクールなプロモーション・スタントを実施した。主役は、自社のトラクター・トレーラーで構成された、正確な時を刻む巨大な"時計"だ。

テック情報サイト『ギズモード』によると、スカニアはコンテナ付きトレーラーを引くトラクターの新モデル14台と90名のドライバー、そしてそれを支える多くのスタッフを集め、欧州のある飛行場跡に送り出したという。彼らはそこで、およそ7万平方メートルの土地を使い、巨大な時計の文字盤を描いた。そして、綿密に立てられた計画をもとに細かな調整を行ったトラクターを、時針、分針、秒針に見立て、24時間走らせ続けた。そうして完成したのが、ディーゼル・エンジンを動力とするこの巨大時計だ。

スカニアは先月、公式サイトでこの映像のライブ配信を行った。24時間を通して2〜3秒の誤差は出たものの、実際のトラクターが時計の針を担っていることを考えると、この時計の正確さには驚嘆すべきものがある。

ライブ映像ではないが、今もスカニアのサイトでこの巨大時計が現在時刻を刻む姿を見ることができる。ぜひともチェックし、ご自身の時計と比べてみてはいかがだろうか。「トラクター」、「時計」、「トラクター時計」のいずれかに興味があれば楽しんで頂けること請け合いだ。






By Jason Marker
翻訳:日本映像翻訳アカデミー