美人レーサーとして知られるレイラーニ・ミュンターが、新たな電気自動車レース・シリーズにテスラで参戦!
電気自動車による新しいレース・シリーズとして、2017年に初開催されることが発表されたエレクトリックGT(EGT)ワールド・シリーズについて、新たな報せが実に納得の行く人物から入ってきた。レーサーであり環境活動家テスラ・ファンとしても有名なレイラーニ・ミュンターが、このテスラ車を使うレースに参戦する最初の米国人ドライバーになることを5日、Twitterで明らかにしたのた。ウィリアムズF1チームの元テストドライバー、ダニ・クロスもチームに加わる。

電動GTカーレースに最初の米国人ドライバーとして参戦できるなんて興奮するわ。

初年度は10チームの参戦が見込まれており、全てのチームがテスラ「モデルS P85+」を走らせることが決定している。このクルマを選んだ主催者であるエレクトリックGTホールディングスは「テスラには、よりパワフルな4輪駆動のモデルも市販されているが、後輪駆動モデルの方が見応えのある面白いレースとなるだろう」とコメントしている。

主催者によれば、将来的には市販車であれば他メーカーの電気自動車も出場できるというが、初年度は10チームから各2台ずつ、合計20台の出場車が全て「同一の、市販モデルに近い」テスラ モデルS P85+をベースとしたレース仕様車となり、最高出力416hp、最大トルク61.6kgmを発生する電気モーター1基を何も手を加えずに搭載する。




By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー