2016 intermoto HondaHonda は、10月4日からドイツのケルン市で開催されている「インターモト - 国際オートバイ・スクーター専門見本市 2016(International Motorcycle, Scooter and Bicycle Fair)」にて、「CBR1000RR Fireblade SP」と「CBR1000RR Fireblade SP2」、「CB1100EX」、「CB1100RS」の全4モデルを発表した。

Related Gallery:2016 intermot Honda
■新型CBR1000RR Fireblade SP/SP2
2016 intermot Honda
<CBR1000RR Fireblade SP>
新型「CBR1000RR Fireblade SP/SP2」は1992年発売の初代CBR900RRから続く「操る楽しみ」のコンセプトを継承しながら、さらに大幅な軽量化と出力向上を図り、軽快なハンドリングと操縦性を進化。またRC213V-Sのシステムをベースに開発した総合的な電子制御システムを新たに採用している。
参考までに、ホンダヨーロッパのプレスリリースによると、装備重量が195kg、最高出力:189kW/13,000rpm、トルク:116Nm/11,000rpmとなっている。
モードセレクトにより、出力特性を変更できる「パワーセレクター」や「セレクタブルエンジンブレーキ」、「Honda セレクタブル トルク コントロール」のほか、サスペンションを制御する「ÖHLINS Smart EC」を一括して設定変更可能とする。また、バンク角を検知して優れたコントロール性に寄与する新ABSシステムを搭載。車体の軽量化・最適な車両バランスと相まって、操る楽しみの最大化を意味する、革新の「トータルコントロール」を実現した。

2016 intermoto Honda
<CBR1000RR Fireblade SP2>
さらにCBR1000RR Fireblade SP2はSPをベースとしてサーキット走行やレースでの使用を想定し、吸排気バルブ、燃焼室およびピストンを新設計した新型のシリンダーヘッドを搭載。車体ではマルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを採用し、さらなるスポーツ性能の向上を図っている。
また、CBR1000RR Fireblade SP2のサーキット走行により適した性能を引き出す「レーシング・キット」の販売も予定される。

【Nicky Hayden rides the new CBR1000RR Fireblade】


■CB1100EX/RS
さらに、CB1100に新しいモデルを追加。タンク形状を刷新し、前後17インチでスポーティな足まわりを採用した「CB1100RS」が登場!

2016 intermoto Honda
CB1100EXは、トラディショナルなフォルムを守りながら、ヘッドライト・テールランプにはLEDを採用。前後18インチスポークホイールは、新設計の小径ハブ、アルミリム、ステンレス製40本スポークの採用により、CBブランドの伝統的な印象を高めるデザインとしている。

2016 intermoto Honda
CB1100RSは、よりスポーティーなキャラクターとするために、前後ホイールにアルミキャスト製17インチホイールと幅広タイヤを装着。足まわりは、2ピースボトムケースフロントフォーク、ラジアルマウントブレーキキャリパー、リザーバータンク付きリアダンパー、新設計アルミスイングアームなどを装備し、軽快な走りを実現。空冷・DOHC・直列4気筒1100ccエンジンのポテンシャルを引き出したくなるような、走りの楽しみを提供する足まわりと組み合わせとなっている。

【Honda Moto 2017_CB1100】


なお、これらの4モデルは日本国内での発売も計画されている。

■Honda 公式サイト
http://www.honda.co.jp/