【パリモーターショー2016】京都発GLM、次世代EVスーパーカーのコンセプト「GLM G4」を出展
Related Gallery:GLM G4: Paris 2016

9月29日に開幕したパリモーターショー 2016で、京都の自動車メーカーであるGLMから非常に興味深い電気自動車(EV)が公開された。2年前、同社はトミーカイラがかつて少量生産したライトウェイト・スポーツカー「トミーカイラZZ」を、テスラ「ロードスター」に対抗するEVとして復活させて注目を集めた。そんなGLMが今回、4人乗りのエキゾチックなEVスーパーカーのコンセプト車両「GLM G4」とともにショーの舞台に立ったのだ。



ショーで展示されている状態でまず目を引かれるのは、電動パワートレインや軽量コンポジット素材ではなく、翼のように大きく開く4つのドアだろう。低い車高からスポーティなモデルを意図していることがうかがえる。インテリアには、グレーとホワイトのキルト風レザーで仕上げたバケットシート、大径でフラット・ボトム形状のステアリング・ホイールが見える。ラグジュアリーな雰囲気とエキサイティングなドライブが楽しめそうだ。ビデオや写真で細部を確認してほしい。



G4には、独自開発された高効率・高出力なモーター「マルチ・サリエンシー・パワー・パッケージ」が前後に2基搭載され、合わせて最高出力400kW(540ps)と最大トルク101kgmを発揮する。前後の駆動力は路面状況に合わせて協調制御されるという。乗車できた幸運なドライバーと3人までの友人は、0-100km/hまで3.7秒の加速と、最高速度250km/hを体感できる。多段トランスミッションの採用により、速度に応じて使用電力を抑えられるため、航続距離はNEDC(新欧州ドライビングサイクル)で400kmを実現したという。

米国の自動車メディア『Motor Trend』によれば、このG4はオランダのデザイン・ハウス、サヴェージ・リヴァーレ社がデザインしたもので、当初は米国製V8エンジンを搭載するつもりだったという。しかし、GLMがサヴェージ・リヴァーレの株式を取得し、EVとして開発が進められることになったようだ。2019年の量産開始を目指し、将来的には日本、香港、シンガポールで販売していくという。価格は20万ユーロ(約2,300万円)程度になると見られている。詳細は今後、開発が進むに連れて公式サイトで発表される予定だ。


GLM-G4 Concept Movie from GLM on Vimeo.

By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー