ドイツの大手自動車メーカー3社が、5G通信網を利用したシステム開発に向け通信企業と連携
自動車の世界においてコネクティビティやコミュニケーションは、これまで以上に重要になっている。ドイツ自動車大手3社のアウディBMWダイムラーは、モバイル通信関連企業のインテル、ノキア、エリクソン、クアルコム、ファーウェイ(華為技術)と共に「5G オートモーティブ・アソシエーション」を設立した。その目的は、LTEや5G(第5世代通信網)を利用した新技術の開発、標準化のサポート、規制に関する問題の克服だという。

この企業連合が目的を果たせれば、参加企業は新しい技術を開発し、実施に移すことが容易になる。例えば自動運転車の分野において、より緻密な交通管理プラトーニング(追従車群走行)など、さらに高度な技術が見られるだろう。連合体として活動することで、規制に関する問題に取り組みやすくなる。

連合体に参加している自動車メーカーは、いずれも独自に高度な車両コミュニケーション・システムを開発する能力がある。実際、アウディは車両・インフラ間で情報のやり取りを行う「ビークル・トゥ・インフラストラクチャー」(V2I)技術を推し進め、米国の都市でモデルケースとして、信号機が青に変わるタイミングをドライバーに伝えるトラフィック・ライト・アシストと呼ばれる機能を導入している。今後、この連合体は時間の節約と新たな構想を発展させる可能性をもたらすだろう。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー