マクラーレン、スーパーカー「P1」の電気自動車バージョンを発表! ただし3〜6歳のドライバー向け
Related Gallery:McLaren P1 toy car

マクラーレンが突然、このスーパーカー「P1」で電気自動車業界の競争に参入したからといって、テスラが心配する必要は全くない。なぜなら、このP1の電気自動車バージョンは、3~6歳の子ども向けに作られた新しい電動玩具だからだ。だが、我々が子どもの頃に流行ったフットカー(床を足で蹴って進む玩具のクルマ)の「コージークーペ」とはまったく違う代物に仕上がっている。

これは実にクールな玩具だ。現在のマクラーレン全モデルに採用されている跳ね上げ式"ディヘドラル・ドア"を備え、電気モーターと後退も可能な3速トランスミッションが搭載されている。さらに実車のP1にも見られないセンターポジションのドライバーズ・シートやオープントップ・ルーフが採用されており、MP3プレーヤーにスピーカー・システムまで装備されているのだ。 停止状態から最高速度まで、わずか2秒で加速するという(ただし約4.8km/h)。

この玩具は10月末に特定のマクラーレン・ディーラーと玩具店で発売される予定。カラーはボルケーノ・イエローのみで、価格は375ポンド(約5万円)となっている。もしあなたが排気ガスを出さないオープントップのP1が欲しいなら、選択肢はこれ1つしかない。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー