INFINITI VC-TURBO ENGINE
日産自動車(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、 2016年パリモーターショーにて、インフィニティブランドから未来のクルマを示唆するコンセプトカーとエンジン技術を世界初公開した。

Related Gallery:INFINITI VC-TURBO ENGINE
新開発の「VC-T」エンジンは、世界初の可変圧縮比技術を採用した。同技術により「VC-T」エンジンは、高性能2リッターガソリンターボエンジンのパワーとディーゼルエンジンの特長である高いトルクと効率性を併せ持つ、最先端のエンジンの一つとなった。

INFINITI VC-TURBO ENGINE
インフィニティ モーター カンパニー社長のローランド クルーガーは、「この先駆的な可変圧縮比パワートレインは、エンジン開発における大きな飛躍となります。エンジニアは、可変圧縮比技術の習得が、内燃技術の進歩につながると信じています。2018年より、同新技術を新型車に採用する予定です」と語った。

INFINITI VC-TURBO ENGINE INFINITI VC-TURBO ENGINE
可変圧縮比技術は、走行状況やドライバーによるインプット情報に合わせてピストンの上死点の位置をシームレスに変化させることができる最新のマルチリンクシステムを活用し、最適な可変圧縮比に素早く変化。圧縮比は8:1(高性能)から14:1(高効率)の間で自在に変えることができる。

INFINITI VC-TURBO ENGINE
最高出力200kW(268hp/272ps)、最高トルク390Nmを発生する同エンジンは、6気筒ガソリンエンジン並みのパフォーマンスと、それ以上の効率性を実現。
4気筒「VC-T」エンジンは、ディーゼルエンジンなどの従来型内燃機関エンジンよりも騒音や振動が少なく、高出力のV6エンジンに比べ軽量かつコンパクト。
同技術は、液体冷却や燃料噴射、触媒コンバータ、ターボ過給などの革新的なパワートレイン技術と同様、内燃機関エンジンの開発における大きな躍進を意味し、可変圧縮比エンジンは、パワー、効率性、排気など、今後のパワートレインを評価する新たなベンチマークとなる。

■日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp