Mercedes-Benz C Class Cabriolet
メルセデス・ベンツ日本 (社長:上野金太郎、本社:東京都港区)は、 メルセデス・ベンツ コネクション(東京)で「Cクラス カブリオレ」の発表を行い発売開始した。「Cクラス カブリオレ」は、Cクラスとして初のオープンモデルで、 メルセデスの最新テクノロジーによる高い安全性能と環境性能、優れた走行性能を備え、カブリオレ専用に開発された快適装備により、一年を通じ快適なオープンドライブを提供する。

Related Gallery:Mercedes-Benz C Class Cabriolet
Mercedes-Benz C Class Cabriolet Mercedes-Benz C Class Cabriolet
「アコースティックソフトトップ」は、高い遮音性と耐候性を備え、ボディカラーに適合した3色(ブルー、ブラック、ダークレッド)が組み合わされ、クリアな後方視界を確保するためガラス製のリアウインドウが採用されている。走行中でも50km/hまで開閉が可能で、約20秒で開閉が完了。

Mercedes-Benz C Class Cabriolet
インテリアは、高級な素材を用い丁寧に作り込まれ、スポーツシートと一体感があり、高い快適性を持ちながらホールド性も良く、スポーツドライビングにも適応。

Mercedes-Benz C Class Cabriolet Mercedes-Benz C Class Cabriolet
オープンドライブ時に、 室内への風の巻き込みを抑え快適性を向上させる「エアキャップ」や、ヘッドレスト下部から温風を吹き出して首の周囲を確実に暖める「エアスカーフ」も装備し、寒い季節などでも快適なオープンドライブを提供するカブリオレ専用の装備が追加されている。「エアキャップ」と「エアスカーフ」は、C 180 カブリオレスポーツにパッケージオプション、その他のモデルには標準装備。

Mercedes-Benz C Class Cabriolet Mercedes-Benz C Class Cabriolet
メルセデス・ベンツと、メルセデスAMG、それぞれのモデルに、第三世代の直噴システム「BlueDIRECT」テクノロジーを用いたエンジンを搭載。ピエゾインジェクター(最大圧力200bar)を用いたスプレーガイド式燃焼システムにより1万分の1秒の反応速度でシリンダー内への燃料噴射をコントロールし、マルチスパークイグニションで確実な点火を行い、常に最適な燃焼状態を作り出す。
信号待ちなどの停止時にエンジンをストップすることで燃料消費を抑えるECOスタートストップ機能も装備し、高い動力性能と環境性能の両立を実現した。

Mercedes-Benz C Class Cabriolet
「Cクラス カブリオレ」の希望小売価格は、C180 カブリオレスポーツ 6,060,000円、C300 カブリオレスポーツ (受注生産)7,680,000円、メルセデス AMG C 43 4MATIC カブリオレ9,600,000円、メルセデス AMG C63Sカブリオレ14,030,000円。

■メルセデス・ベンツ 公式サイト
http://www.mercedes-benz.co.jp