マツダ、米国で「MX-5 ミアータ RF ローンチ・エディション」の予約を開始
Related Gallery:2017 Mazda MX-5 RF: New York 2016

マツダは、今年のニューヨーク国際オートショーでゴージャスな新型マツダ「MX-5 ミアータ RF ローンチ・エディション」を公開後、同車を1,000台限定で得意客向けに販売すると発表した。そして9月26日、北米マツダの特設サイトで、東部標準時の正午よりその先行予約が開始された。

個別番号が記載された案内状を受け取った顧客は、所定の期限内に払い戻し可能な手付金500ドル(約5万円)を支払うと、この特別限定モデルを予約できる。さらに購入手続きを行う場合には、お近くのディーラーを選択できるという。

今回公表されたMX-5 ミアータ RF ローンチ・エディションの価格は、配送料・手数料込みで3万4,685ドル(約350万円)からとなる。これは通常モデルの「MX-5 ミアータ RF(日本名:ロードスター RF)」より9,000ドル(約90万円)ほど高い。なお、納車は2017年2月に開始予定となっている。

1,000台のRF ローンチ・エディションは全てボディ・カラーがマシーン・グレイ・メタリックとなり、電動開閉式ルーフは手作業でピアノ・ブラックに塗装される。インテリアはオーバーン・カラー(褐色)のナッパレザー張りで、特製スカッフ・プレートが付く。さらに購入者には高級時計店トゥルノー製のシリアルナンバー入りオリジナル腕時計が贈られる。確かに魅力的だが、これで9,000ドルも高いとは結構な価格設定だ。トランスミッションはMTとATから選べる。

2014年には米国で25周年記念特別仕様車「Mazda MX-5 ミアータ 25th Anniversary Edition」がわずか10分で完売したことを考えると、MX-5 ミアータ RF ローンチ・エディションもすぐに売り切れることは必至だろう。同車の先行予約案内が送られてこなかった人はどうすればいいか? マツダは10月3日に一般予約を開始するというから心配は要らない。ただし、先行予約で完売しなければの話だが。


By Joel Patel
翻訳:日本映像翻訳アカデミー