SUZUKI 2017 RM-Z250&450
スズキの2017年モデルの競技用モトクロッサー「RM-Z250/450」の去年からの変更点はカラーチェンジのみ。しかしスズキは今年も、一部専門誌向けのメディア試乗会を今年もあえて開催した。というのも、フルモデルチェンジを果たしたときにおこなった昨年のプレスローンチ(ボクも参加させていただいた)が、雨によるマディコンディションでしっかりとした評価ができなかったため、「より良いコンディションでもういちど乗っていただきたい」というスズキとメディアサイドの要望が一致し、昨年と同じオフロードヴィレッジ(埼玉県川越市)にてテストライドすることが実現したからだ。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
会場に着くと、相変わらずピリッと気が引き締まる思い。これは公道向けモデルではなく、勝つために開発したコンペティションモデルだから、開発陣をはじめメカニックさんらがまるでモトクロス・ワークスチームのごとき待機していて、我々の意見、要望を聞き逃すまいと体制を整え待っていてくれている。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
そんな真剣な試乗会だから、呼ばれているメディアもオフロード専門誌の敏腕テストライダーたちばかり。みなさんモトクロス全日本選手権を走った経験のある元国際A級のトップライダーらで、そんな強者揃いのメンバーに混ざって、モトクロスを休日に楽しむ程度のサンデーライダーの自分が参加するなんて、なんと身の程しらずか......。オシッコをチビリそうになりながらの試乗となったことを、まず報告しておこう。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
とはいえ、そんな自分に声をかけてくれるスズキ二輪の広報ご担当は「実際に買っていただくのはノービスであったり、青木さんのようなサンデーライダーも多くいらっしゃいますから、そういった方々にも乗っていただきたい......」と言ってくれるから、それならばとノコノコと参加させていただき、モトクロスライダー底辺からのレポートをここに記事にさせていただく次第だ。「オマエごときに何がわかる」とお怒りの声が早くも聞こえそうだが、どうかご了承いただきたい。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
まず「RM-Z250」から乗った。今年もメカニックさんが1Gを即座に計測し、プリロード調整、サグ出しといった初期セッティングをやってくれ、さらにレバーの角度など好みも細かく聞いてくれる。「なにか言わなくちゃ......」と舞い上がったボクは「たぶんですが、ノーマルセッティングのままだと足まわりにしっかり負荷をかけられないと思いますので、前後サスペンションの減衰は抜く方向にお願いします」とオーダーしてみることに......。もちろんすぐさま対応してくれ、初期荷重からしなやかに動くサスペンションを感じつつコースインした。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
ちなみに250のフロントフォークにはKYB製の「PSF2(ニューマチック・スプリング・フォーク2)エアサスペンション」が備わっていて、調整はエアポンプを使ってエア圧でおこなう。減衰力は伸側の低速域と高速域、そして圧側を調整可能とする。金属バネのフロントフォークとくらべても違和感は一切なく、エアサスだということはライドフィールでは言われても分からない。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
当たり前のことだが、そこにいるみんながボクの走りに注目している。RM-Zの開発やテストに関わったスズキの精鋭たちだ。それはもう緊張するのなんのって......。それと同時に「スイマセン、ボクのようなヘタレが乗ってしまいまして......」と申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
しかしコースに飛び出していくと、乗りやすくて走るのが面白い。跨った瞬間は冷静さを欠いて何も感じられなかったが、こうして走ってみると車体はスリムでコンパクトだし、とても身のこなしが軽い。コーナリングではスッと車体がバンクし、出口へと自然に向きが変わっていく。トラクションがしっかりかかって、アクセルを臆せず開けていけるから、「もう少しハードに攻め込んでみよう」と、どんどんチャレンジしていけた。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
初期荷重からフロントフォークがしなやかに動き、路面をしっかり追従してくれるからコーナーの入口で急制動をしても、ブレーキングギャップなどで弾かれることはないし、コーナーとコーナーを繋ぐ短い区間をパーシャルで走っているときもサスペンションがしっかり働いているのが分かる。
リズムセクションも軽快にクリアでき、国際A級のようなビッグジャンプはもちろん無理だが、それなりに狙ったどおりの距離をキッチリ跳べて、空中や着地でバランスを崩してヒヤリとすることもない。サスペンションがフルボトムするようなことはボクのレベルでは到底なく、ストローク量はタップリ余裕があるのは言うまでもない。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
フープスでフロントを谷に落としてもしっかり踏ん張ってくれ、何事もなかったかのように車体の姿勢を取り戻す。サスペンションの動きがいいのと同時にスロットルレスポンスが鋭いから、バランスを崩してもすぐに体勢を立て直すことができる。フープスを走っていると、目まぐるしく小さなコブが自分に襲いかかってくるような錯覚を覚えるが、太いトルクと強靱な車体でそんな難敵らを弾き返し、グイグイ乗り越えていける感覚だ。

Related Gallery:SUZUKI 2017 RM-Z250&450
SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450
SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
そしてRM-Zには「スズキ ホールショット アシスト コントロール(S-HAC)」という強力な武器がある。点火タイミングをスロットルレスポンスと加速状況に合わせて最適化し、スタートダッシュがより鋭くなるシステム。ファクトリーマシンからのフィードバックにより、市販モトクロッサーにも採用された。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
これを試そうとスタートゲートに戻ると、メカニックさんたちが待ち構えていてくれ、操作方法などを教えてくれる。昨年はひどいマディの中で試したが、今回はぬかるみが若干残るもののコンディションは良好。まず「OFF」で走るが、リヤタイヤが空転したり横滑りして上手くスタートできない。次の「Aモード」はトラクションがしっかり得られてスムーズに滑り出すようにゲートを抜け、第1コーナーまでしっかり加速できる。そして最後に「Bモード」も試したが、こちらはヒット感がより強くあってグイッと車体が前に出る感じ。自分の好みとしてはライバルの前に瞬時に出れそうなBモードだが、実際にはAモードにしてアクセルをしっかり全開にできる方が速そうなどと、自問自答を繰り返しつつ何度もスタートを試す。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
すると天の声が......。スターティンググリットで夢中になっているボクの耳元で「どちらかが速いっていうのはなくて、路面状況などによってケースバイケースで使い分けるんですよ」とアドバイスをいただく。なんと、その声の主は、スズキファクトリーチームのエースライダーで、昨年度の全日本チャンピオン小島庸平(こじま ようへい)選手ではないかっ! その後もいろいろとアドバイスをいただき、なんとも嬉しいかぎり。S-HAC にもちろん感動したが、こういったところに来て、積極的にボクのようなライダーに声をかけてくれるチャンピオン小島選手にも感激した。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450

ピットに戻って、次は「RM-Z450」に。またしてもサグを出し、サスペンションをソフト寄りにアジャストしてもらう。あっという間の作業で、プロ集団の手際の良さに脱帽するが、休む間もない。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
450のフロントフォークはSHOWA製「SFF(セパレート ファンクション フロントフォーク)エアサスペンション」。ダンパーからの熱の影響も受けず、セッテイングを格段に容易にしたエアサスは、最新式のモトクロッサーではなくてはならないもの。やはりファクトリーマシンでのテストと改良を経て、市販モデルにも導入されている。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
"ヨンゴー"、それはもう凄まじいパワーで、トルクバンドに入ったときの力強さはとうてい素人が扱えるものではない。ボクの腕ならアクセルを開けきれるシーンなど、もっともっと広い場所でないと、まずない。タイトコーナーなどでスピードが落ちきってしまってからの加速も強烈で、「ワダチなどかまうな」と言わんばかりに多少の凹凸なら踏みつぶしていける。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450 SUZUKI 2017 RM-Z250&450
しかしながら昔の450モトクロッサーにくらべれば、こうしてコンスタントに周回し、それなりに楽しめてしまうのだから、いかに扱いやすくなっているか。足着き性もかなり良くなっていて、コースを数周しただけで「もう無理」と、諦めようとは思わなかったことがスゴイことなのかもしれない。
ジャンプのアプローチではアクセルひと開けで、グイーンと力強く車体がダッシュし、「このパワーでジャンプしたのなら飛距離ももの凄いんだろうな」と感じられる。もちろんボクは怖じ気づいて離陸の前にアクセルを戻し、控えめなジャンプでお茶を濁す。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
こうして最新式の2台のRM-Zに乗ったが、250がとてもいい。横一列に並んだサンデーモトクロスのスタートで前にグイッと出て、そのままチェッカーフラッグなんていうレース展開がイメージできる。そんなサクセスストリーを想像しているだけでワクワクしてくるし、RM-Z はモトクロスの楽しさを改めて感じさせてくれ、トップカテゴリーで凌ぎを削っている人だけでなく、ボクのようなローカルレースを楽しむ層にもオススメできるマシンだとよくわかった。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450
モトクロスウェアを着替えて、ホッと一息ついていると、またしても小島選手が話しかけてくれた。そこで最後にRM-Zの良さを聞いてみると、「車体の直進安定性が高く、限界に近い追い込んだところでまだまだパワーを絞り出してくれるのがスズキのマシンなんですよ」とのこと。たしかに小島選手の走りはいつも過激なまでにアグレシッブで「ライダーの走りのスタイルに合っているということですね」とボクが返すと、「はい、そうです!」とキッパリ。いつもファンを楽しませてくれる Team SUZUKI と小島選手の熱い走りのワケが、少し分かった気がした。もちろん小島選手がレースで乗っているのはファクトリーレーサー(RM-Z450WS)であり、市販モデルとは異なるが、チャンピオンのDNAがRM-Zには流れているのだ。

SUZUKI 2017 RM-Z250&450

写真はTeam SUZUKI が2015年の全日本モトクロス選手権の最高峰クラス、IA1(アイエーワン:国際A級1)にて年間チャンピオンを決めた最終戦スポーツランドSUGOにて(10月25日)。Team SUZUKI としては小島選手(写真右)のタイトルに加え、熱田選手(写真左)も1ポイント差の2位となりワンツーを達成している。













■スズキ 二輪 公式サイト
http://www1.suzuki.co.jp/motor/